2021年7月24日

シンガポールglyken科学技術燕の巣ペプチドが中国で発売されると発表した

3月28日、世界有数の科学技術ツバメの巣メーカー——シンガポールglykenグループは北京798芸術工場でブランド発売発表会を開催し、glyken科学技術ツバメの巣ペプチド製品が中国で正式に発売されると発表した。

glyken大中華区総裁黄彩薇女史、glykenグループグローバル研究開発総裁mr dave yu dejun氏などのゲストが今回の発表会に出席した。

今回の会見で、glykenグループは中国国家重重チームと正式に提携契約を結び、中国国家重重チームの公式パートナー及びツバメの巣の推奨製品になると発表した。ハイテク、高栄養の活力佳品で、五輪健児の競技場での活躍に助力し、栄光を勝ち取る!

glykenグループは2010年にシンガポールで設立され、その後10年間ツバメの巣全産業チェーンへの投入を続け、ツバメの巣抽出糖蛋白技術に対して10数年に及ぶ応用研究を行ったという。2011年、glykenグループと新馬大学は、ツバメの巣抽出と応用研究センターとツバメの巣生物実験室を設立し、ツバメの巣抽出物の栄養に関する全面的な研究を展開し、安全で効果的なツバメの巣抽出技術を開発した。ツバメの巣に含まれるタンパク質とシアル酸から、「活性糖蛋白ペプチド」を抽出した。この研究結果は欧米のバイオテクノロジー分野で広く認められ、二〇一三年にアメリカのバイオメディカルセンターで発表され、アメリカfdaの「食品・医薬品業界規制システム」の重要な認証を受けた。

グリケン研究所の研究成果は、新馬両国政府の支援を受けている。glykenはマレーシア工科大学(utm)、マレーシア国民大学(ukm)、シンガポール国立大学(nus)などの有名な3大学と科学研究協力を展開し、ツバメの巣の栄養の全方向的な開発を行っている。3大学の科学研究と技術の優位性に頼って、glykenのツバメの巣抽出技術は転化応用され、科学技術のツバメの巣は安定した量産を実現することに成功した。

glykenグループは、第4世代のツバメの巣ペプチド製品と多くの評価額の知的著作権を所有している。glyeknグループは2020年にグレーターチャイナ市場を開拓する戦略的決定を下し、2020年4月にグレーターチャイナに正式に進出し、海外で成熟したツバメの巣ペプチド抽出の特許技術と生産システムを中国に導入した。2020年8月に中馬両国の協力園区である欽州産業園区に進出し、100%出資で「広西自由貿易区燕握生物科技有限公司」(glyken bio products (guangxi) co .)を設立した。ltd)。

2021年1月、広西自由貿易区は公式公告を発表し、「広西自由貿易区燕握生物科技有限公司」は中国食品安全監督監督部門の審査と検収を正式に通過し、中国で「科学技術ツバメの巣ペプチド」を生産する資格を獲得した。これはglyken特許の科学技術ツバメの巣生産ラインが正式に生産を開始することを宣言した。glykenグループ大中華区総裁の黄彩薇女史は、中国生産ラインの完成は、glykenが中国の消費者に栄養をより多く、より便利に、よりコストパフォーマンスが良く、より豊富な科学技術ツバメの巣製品を選択することを意味すると述べた。

glykenツバメの巣はどのようにして品質に対する消費者の懸念を打破するのでしょうか?

これに対し、黄彩薇女史は「ツバメの巣はすぐに食べられる敷居が低く、競争の壁が高くない。企業が規模効果でコストを下げることができない前提の下で、過度に低価格を追求すると、必然的に品質が犠牲になる。これは悪貨が良貨を駆逐する結果だが、市場メカニズムの下では必ず是正される」と述べた。

黄彩薇はglykenの中国市場における決意と自信を表現した。グリケンの強みは、大切な食品であるツバメの巣を、科学的な手法によって活性糖蛋白ペプチドという小分子に抽出したことです。燕の巣の新鮮なシチューよりもっと吸収して、もっと速く作用を発揮して、服用してももっと便利で、人々に楽に養生して、楽に美しくなります。

黄彩薇は、常に消費者と一緒に、心から消費者のために、より良い製品とより良い体験を提供すれば、消費者は感じることができ、それがglyken社を含めた新しいブランドのチャンスだと考えている。

黄氏は、今後glyken社は関連機関、大学の科学研究などと協力し、科学研究の力を使って、業界が「ツバメの巣抽出小分子糖蛋白ペプチド」業界標準の制定を推し進めることで、ツバメの巣業界を規範経営に向け、共同でツバメの巣事業の持続的発展を推進すると述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です