2021年10月25日

中国聯重科塔机は2022 w杯ホーム館の天井を助力します

長沙4月2日報道:長沙に本社を置く中連重科は2日、同社からの独立高さを超える大型トン数クレーンtc8039-25 8台が、2022年ワールドカップのホームスタジアムであるルセル競技場の天井工事を順調に完了したと発表した。今回の天井では、総重量約2300トンの主索網を66メートル上空に張り上げて成形し、鋼構造とピンで接合するなど、高難度の作業を無事に終えた。

ルセル競技場プロジェクトは中国企業が海外で建設した最大規模、最大収容人数の専門競技場であり、世界でも同じ種類のロープネットシステムの中で最大スパン、最大懸垂距離のロープネット屋根単体建筑で、2022年カタールワールドカップの閉会式、準決勝、決勝などの主要なイベントが開催される。2017年初めに同プロジェクトが工事を開始して以来、中聯重科タワーは極端な気候の試練を乗り越え、連続的に効率よく建設の難題を解決してきた。

ルセル競技場の建物全体はアラブの金色の皿の形を呈し、屋根の主索網は二重スポークの張り構造を采用し、長さは274メートル、懸り距離は76メートルで、巨大な車輪のような形をしている。体育館本体は鉄骨とコンクリートを組み合わせた構造で、使用量は10万トン、膜構造は4万5000平方メートルと世界最大規模だ。

この建物の施工に使われる鉄骨材の大部分は、中連重科の塔機によって吊り上げられている。8台のtc8039-25タワー机は建物の外側に均一に配置され、全方位でプロジェクトをカバーし、特に「ボウルカバー」の両端部分は、建物本体の高さが高く、体育館の外端面が不規則に付着していないため、タワー机の独立高さに対する要求が86.7メートルを超えた。

2018年3月から設置を開始し、プロジェクト部に3年間勤務しており、1台の有効稼働時間は1万5000時間を超えており、メンテナンス以外の故障もほとんどなく、プロジェクト全体の工事を強力にサポートしています。また、カタールの熱帯沙漠性気候に属する、高温で、強風、黄砂は、高い設備は一つの試練を70メートルの上空で鋼構造には「デフコンでのダンス」を設置、チャイナ重課塔机優れた性能を重ねると平穏な微动に対する重型鋼構造の取り付け効率的な安全保障を提供した。

「中聯重科タワーマシンを選択したのは、一方では中聯重科制品の品質と性能に対する信頼があったからで、もう一方では海外パートナーの良質な現地サービスと豊富なスペアパーツの資源が気に入ったからです。」プロジェクト責任者によると、3年間の中連重科設備のパフォーマンスは優秀で、サービスエンジニアがプロジェクト部に常駐し、アフターサービスができるようになり、24時間全方位サポートを行い、心配事を解決し、プロジェクトが期日通りに完成するために強力な保障を提供した。

盧ダービングスタジアム種目は、チャイナ重課設備サービスは「一帯一路」の国家建設の重点事業の一断面が、近年その设立し、競争力のある製品と良い反応をクウェート空港、クウェートの昔の一、二期、エジプト新首都など重大な種目で、歯を食いしばって、中東地域に中国の製造は名刺を一枚の輝く。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です