2021年12月2日

個人信用報告の照会チャンネルが広がる

昨日、北京青年報によると、新冠疫学cdc准征信サービスを支援、2020年3月以来、銀征信センターにしたがい協力機構の秩序を広げる情報主体のオンライン照会のチャンネルを通じて、続々とインターネット銀行、携帯電話の開通(以下通称网银)や中国银联「雲闪付」アプリ信用照会モデルサービスを報告した。

信用情報収集センターのデータによると、2021年1月1日から3月31日までの個人信用報告のネットバンキング照会件数は22.9万件で、同期間の情報主体の照会件数の23.5%を占めた。このうち「クラウドフラッシュ付」アプリは累計47万4000件の個人信用報告の照会を提供している。企業信用報告のネットバンキング照会件数は22万1000件で、同期間の企業の自主照会件数の26.1%を占めた。

現在、ネットバンキング個人信用報告照会サービスを開始した全国の都市銀行は12ヵ所、企業信用報告自主照会サービスを開始した都市銀行は11ヵ所だ。中国銀联の「雲閃付」アプリ信用信用レポート試行照会サービスが今年1月8日、上海、広州、深圳、杭州、重慶、南寧、長沙、福州など8都市でサービスを開始した。

文/本報程婕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です