2022年1月28日

全国には21万6千社を超える製紙関連企業がある

報道によると、1月の原紙メーカーの価格調整に続き、最近、多くの生活紙メーカーが相次いで「値上げの手紙」を出し、4月に全面的な価格調整を行う予定だという。長城証券軽工業業界の首席アナリストは、「いくつかの生活紙『ヘッドブランド』の調整価格幅はほぼ10%以上だ」と述べた。生活紙業界では、原材料価格の高騰が続き、生産コストが急激に上昇したことが主な原因だ。

天眼が専門版のデータを調べたところ、現在21万6000社を超える企業の状態は在業、存続、転入、転出の制紙関連企業であることが分かった。このうち四六%が個人事業者、四五%が有限会社で、中小企業が多い。

地域別に見ると、広東省が4万3000社近くで最も多く、全体の20%を占め、次いで浙江省が4万社以上で19%を占めている。江蘇省の関連企業数も約2万3000社で、11%を占め、第3位となっている。

生活紙の値上げ後、一部の消費者は、紙やティッシュをストックする必要があるのではないかと心配している。

業界関係者によると、多くの大手紙企業が「値上げの手紙」を出しても、小売価格は必ずしもその値上げ幅どおりに引き上げるとは限らない。現在の市場の供給は依然として供給過剰で、消費端が最終的にどのくらい上がるかは、木材パルプの価格の働きによって、企業と電子商取引、ディーラー、大手スーパーの間のゲームによって、さらに需要と供給の関系に依存します。

天眼が調べた専門版のデータによると、中国の制紙関連企業の年間登録数は5年連続で2万社を超えている(全企業態勢)。注目すべきなのは、設立15年以上の関連企業が依然3割を超えていることだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。