2021年12月3日

北京の今年最初の30の供用地の半分は中心都市部にある

北京の今年最初の30の供用地の半分は中心都市部にある

海淀朝陽通州6宗ホットスポットブロックは革新的に政府が商品を所有する住宅財産権のシェア競争方式を采用する

3月31日、北京市は今年度第1次商品住宅用地の分譲公告を発表した。合計30件、敷地面積は約169ヘクタール、建築規模は約345万平方メートル。4月1日、市企画と自然資源委員会と住宅都市と農村建設委共同で商品を2021年度の宅地供給の懇談会を開き、一部業種の専門家を招待し、用地企業セミナーに参加し、全面的に紹介し、同市初に給食事業のレイアウト、構造タイプなど、関連不動産に対するを重点政策調整の措置の道具箱を深く解読と交流した。

目標

1.地価安定利下げでプレミアムを下げる地価高で周辺の住宅価格を上げることを避ける

今回供給された30件のプロジェクトには12区が関与し、中心市街地に15件のプロジェクトが含まれている。建設用地面積は約73ヘクタールで、割合は約43%。多点及び副中心地区に位置する11件のプロジェクトで、敷地面積は約72ヘクタールで、割合は約43%;生態保全地区の4つのプロジェクトに位置し、敷地面積は約24ヘクタールで、約14%を占めている。

「不動産連動、一地一策」会議メカニズムと政策ツールボックスを構築する。2021年の商品住宅供給事業では、市計画と自然資源委員会は市住宅都市・農村建設委員会と共同で、関連区政府などの単位と連携し、「不動産連動、一地一策」協議メカニズムを構築し、精密コントロールを強化した。土地分譲として集中強化総合施策など、実際の仕事から出発し、合同市の住宅都市と農村建設委と社会の専門家が共同研究の「政策になる」を制定推進商品の宅地供給は「価格が高い」の単一市場、土地利用促進目標を補完し、目標管理転換し、民生の保障などが多い。政府割引を通じて、さらに引き下げるプレミアム空間ロックオン土地価格の上限の土台の上で、土地競贤競を通じて他の条件が確定し、具体的に公取委を含む公共賃貸住宅面積、競報协定を投げ政府保有財産権シェア、商品の住宅建設案、競廻り保障房、企業競?賃貸住宅面積比率、公取委の公益事業の建設、設置面積型などを要求している。

2.住宅価格を安定させる6つのホットブロックは、政府が商品を所有する住宅財産権のシェア競争方式を革新的に采用する

今回は有効に賃貸住宅の供給増加し、供給のブロックで15宗プロジェクトを採用した配、公取委が」「公共賃貸住宅を建て面積の取引方式のため、より50%を占め、始まり配建面積は14まん平方メートル、すべて、中心区の中や副センター区域をブロック立地で接して産業団地、軌道交通サイトを原則とし、主要ドッキング「三成町」と「お」地域の賃貸住宅需要。

争点地域の地価や住宅価格を安定させるため、政府が保有している商品の住宅財産権のシェア取引を公示する方式だ。朝陽金郷と崔各荘郷、海淀樹村、副中心0302街区など6つの宗区に位置する条件の良い項目に対して、政府が保有する商品住宅財産権のシェアを競う取引方式を採用した。同時に、宗地は政府が所有する商品住宅財産権の割合を設定して、現場で政府が所有する商品住宅財産権の割合が設定された設定された割合に達する時、高標准商品住宅建設方案に転入して報告するプログラム。このような取り引き方式は、開発企業が合理的な入札を誘導し、政府と個人が財産権を共有する方式を通じて、購入者の負担を効果的に減らし、住民の自活需要を十分に満たすことができる。

に対し、北京陈志不動産協会事務総長は、住宅の商品デザインの共有財産権制度を導入し、主に、土地分譲として設定地価の上限を通じ、解読し、「高い地価」問題を同時に事前分譲価格は、明確に競政府シェア、引き下げずつ実際支出を解読し、「高価格」だ。政府が譲渡した土地の収益を財産権の分け前に変えることで、政府の収益を確実に確保し、資源を確保することができる。

一方、坪型要件では、今回の項目の3分の2近くが「70/90」坪型を設定した。旨(便利でなければ家庭ばかり外出の強化、職にバランスを促進し、ポイント以上疏解役割の原則と副センター区域に受けて、戸の内の「70/90分の1」型の要求事業執行の主要レイアウトが徒歩で到着軌道交通サイトや産業団地の区域を両立なければ及び改善型ばかりの需要を増強に対する開発企業型のデザインの柔軟度、多角化の製品が市場の需要供給のにぴったりの多様化。

3.安定予想参照区域では直近3年間の分譲新商品住宅価格で販売指導価格を確定する

住宅の分譲価格誘導制度を導入。今回供給の種目で初めて導入した家屋の販売価格メカニズムを誘導したが、未来の上場住宅価格の重要政策ツールの一つとして、従来の前売りコーナーに誘導前置土地分譲の一環として、区域の土地のレベルによって、結合区域3年近く、商品の売の新築住宅価格総合測定区域、住宅価格は、住建と新規省庁、区役所の本部を構成し、共同研究の一ブロックの家屋の販売価格指導意見を告知し、公告期対外、土地開発企業はようとして提出する住宅販売価格の約束。

市規自委の関係責任者は、各ブロックについて、地域の位置、周辺の不動産市場の状況、土地コストなどの要素と合わせて政策ツールの組み合わせを合理的に選択し、取引方式を確定し、合理的な利潤空間を確保して、地価の高さによる周辺の住宅価格の上昇を回避し、住宅建設の品質を確保すると説明した。

これについて、中海不動産会議の王心邑代表は、「価格制限、地価競り」方式と違うのは、価格面では、これまで競り落とした住宅の制限価格が周辺の新築住宅や中古住宅の価格より低く、開発企業は競り落としによって利潤を圧縮し、プロジェクトや住宅の品質に影響を与えていると指摘した。今回は周辺の住宅価格の平均水準に合わせて分譲指導価格を設定した。入札の過程で、開発企業は将来この価格より高くないことを約束しなければならない。これは企業が土地を受け取る過程で合理的に価格を出し、自分たちの合理的な利益を保証すると同時に、将来の住宅製品の品質向上のためのスペースを確保するのに役立つ。

焦点

政府所有商品住宅共有分の管理方式を明確にする

政府が所有する商品住宅の共有シェア類の管理については、次のような要求を明確にした。

一つは購入者がこのような住宅を購入して、不動産権証を取得して5年未満の場合、購入した住宅の財産権のシェアを譲渡することができません。購入者が不動産権証を取得してから5年が経過すると、購入者が保有している商品住宅財産権のシェアを市場価格で譲渡することができ、同時に政府が保有している商品住宅財産権のシェアも併せて譲渡し、政府は保有分を市場価格で回収する。

第二に中古住宅取引(売買、贈与、司法競売を含む)購入者は当市商品住宅購入資格を備えた家庭で、100%の財産権を取得しなければならない。購入者の財産権のシェアは一般商品の住宅で相続することができて、代理所有机構の財産権のシェアは変わらない。中古住宅を再分譲すれば、5年間の財産権が不要になる。

第三に、住宅購入者は法律に基づいて所有している財産権の分を抵当に入れることができる。

第四に、住宅購入者が住宅を保有している間、政府は住宅を譲渡してすべての使用権と賃貸収益を得て、所有者総会に参加しないで、不働産管理義務を負担しない。管理費、暖房費、特別補修費などは購入者が全額負担する。

ニューディールは政府の譲利を実現した

企業と購入者の利益を十分に考慮する

北京城建投資発展股份有限公司の李洪兵氏は、今回の第1次供給地について、「新政策は企業と住宅購入者の利益を十分考慮したもので、政府は住宅購入者が恩恵を受けることができ、開発業者が合理的な利益を維持できるように利益を譲受する」と述べた。「市が短期間でこれだけの土地を供給するのも大変だと思います。不動産業界の利益が社会平均利益に回帰し、地価や住宅価格が安定してきているため、企業が他のことを考えずに商品やサービスを充実させることができるのは、購入者にとっても非常に良いことです」

北京万科企業有限公司のxiaowei氏によると、北京の最初の30のブロックは、昨年の供給ブロック数の70%に達し、開発企業と住宅購入者に合理的な期待を与えた。今回の供給地の政策ツールボックスは、高品質の住宅建設要件を導入し、効果的に本市の住宅建設の質を向上させることができる。全体が市場化の原則に近づき、供給された土地を効率的に社会的需要に変えることができるようになりました。

王心邑氏は、「土地市場と住宅市場の期待を安定させ、開発企業と住宅購入者の合理的な期待を誘導することで、より科学的だ。特に第一次の土地供給は、各地域の各タイプの土地を同時に供給することで、北京の土地と不動産市場の合理的な発展を促進し、個別の地域の集中供給を回避し、この市場の変動を引き起こします。これらの政策は3つの安定要求を実行し、不動産の長期的な効果メカニズムを構築する重要な措置だ」と述べた。

/本紙朱開云

統一する/余美英

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です