2021年12月2日

北京:フィットネスサービスのプリペイドで7日間のクールダウン期間を設ける

フィットネスサービスプリペイドは7日間のクールダウン期間を設定します

昨日、市体育局と市市場監督管理局は共同で北京市スポーツ・フィットネス業界のプリペイドサービス契約の実施に関する示範文書通知を発行し、市は『北京市スポーツ・フィットネス業界のプリペイドサービス契約』を正式に実施した。北京青年報は、モデルテキストではスポーツ消費者と経営者の間の権利義務関系を明確にし、サービス内容をさらに細分化するとともに、衝動的な消費によるトラブルを予防し減らすため、消費者に7日間の冷静期間を設けていると指摘した。

モデルテキストは、北京市が消費者にフィットネスサービスの指導を提供するジム、各種スポーツジム(ジム)などのスポーツ種目の経営者と消費者との間で発生するフィットネスプリペイドサービス取引に適用される。示範文によると、甲は契約の翌日から7日間のクールダウン期間があり、クールダウン期間中にカードを発行せずにヘルスサービスを利用した場合、無条件に本契約を解約する権利があり、乙は15営業日以内に全額を甲に返還しなければならない。

通知によると、各区(地域)のスポーツ管理部門、スポーツジム業界協会は、スポーツジム施設が消費者とスポーツジム業界のプリペイド契約を締結するよう促し、消費者がスポーツジム施設とスポーツジム業界のプリペイド契約を締結するよう誘導する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です