2021年12月2日

外貨管理の新規制、個人送金の利便性向上

北京4月2日報道国家外国為替管理局は2日、現行の個人の外国為替管理政策が不変であることを前提に、個人の経常項目の外国為替業務の取り扱いをさらに便利にすると発表した。

通知の主な内容は含まれています:「箇人購入申込書」の新版をリリースして、さらにプロジェクトと方式を最適化して、効率を高めます。留学購入送金、給与決済送金などの箇人部分の経常項目の連続性、周期的な業務のプロセスを最適化する;銀行は、個人経常特別外為業務処理制度を設けて、「形式より実質が優先」という原則に基づいて、個人の実質的かつ合法的な経常外為業務を取り扱うようにしなければならない。

「リスクコントロール可能な前提の下で、個人の経常収支の外国為替業務の利便化レベルをさらに高める。」国家外為管理局副局長が、ニュース報道官王春英同通知を発足した背景を説明し、為替管理部門評価システムの『個人はし申込書』の志願状況、研究に最適化案を提示し、前期のまとめ留学购付汇、賃金结售汇など、個人の外貨業務便宜実験の成功経験をもとに、——関連政策の実施が全国に普及する。

王春英外相は次のように表明した。外国為替局は外国為替分野の改革開放を引き続き深化させ、銀行が個人の外国為替業務のサービスの質を全面的に向上させ、個人の真正で合法的な経常収支の外国為替業務需要を保障するよう推進する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です