2021年12月3日

小中高校伝統文化デジタル資源研究普及シンポジウムが国立教育行政学院で成功裏に開催された

装備2021年3月30日、教育部教育研究と発展の中心国家教育行政大学院で「小中高校の伝統文化をデジタル資源研究伝播セミナー」を開催し、教育部の基礎教育課程を招待した教材発展中心(課程研究所)、人民教育出版社、国務院発展研究センター、中国社会科学院、中国留学人材発展財団など関連のリーダーシップ、専門の学者や教育省の一部装備部門・地・市級の教育部門代表出席を検討。

会議貫徹深く中共中央庁舎の定着に向け、国務省庁舎「優秀伝統文化の伝承を実施中华の発展について工事の意見』と教育部について『補完中華優秀伝統文化教育指導要綱」「中華優秀に伝統文化の小中高校課程指針」などの文書の精神を積極的に推進、中小中華優秀学生の伝承を生かすと伝統文化を深く研究技術装備およびパッケージ資源伝統文化教育機能を載せ、うまく溶け込ん汎、迎春環境やカリキュラムシステムの建設を積極的に支えるサービスを育成し、中华文化の立場を守り、中華文化の伝承の遺伝子の时代の新人。

「小・中・高校伝統文化デジタル資源研究伝播センター」の第1陣は1000 gの良質伝統文化教育資源をオンラインで提供し、融メディア技術を利用して、中華の優秀な伝統文化を多媒体、多形式、多方式で小・高校のキャンパス環境と教育教育に融合させ、生徒の必要な人格と重要な能力を育成することを重視する。貫徹とともに、センターに積極的に定着し「優秀伝統文化の伝承を実施中华の発展について工事の意見』に関する文書で「中華文化全体教師向けの教育訓練を強化し、本格的な师匠団体レベル」文書精神、続々となる小中学校教師向けの関連の養成課程の開設、学科授業を高める方法を重視革新などの実践的研究や経験を交流。

会議の期間中、教育部教育装備研究開発センター、人民教育電子音盤出版社、中国留学人材発展基金会漢学研究院が共同で設立した「小中高校伝統文化デジタル資源研究伝播センター」の発足が正式に発表された。センターは中華の優秀な伝統文化の伝承と発展の重要な仕事に積極的に力を注ぎ、中華の優秀な伝統文化の創造的転化、革新的な発展を堅持し、小中学校の教員と生徒の文化的自覚と文化的自信を着実に強化し、学生の優秀な伝統文化に基づく総合的な人文素養を育成する。

発議と共に、同センターは単位の指導の下、迎春新時代の要請によって、人民は教育出版社の『中国伝統文化教育のための全国の小中学校実験教材』や微課程の教育支援プールをもとに、「十」教育部が集まる企画課題「伝統文化中小学生と人格の育成に関する研究」と「十三五」「「一帯一路」漢学国際伝播研究目的』などの課題の教育理論、カリキュラム、その教えの研究と文化の伝播の論理を結合中外徳育人格教育と理論を育て、結合教育授業のリズムと学生認知発展論理を、ベスト社会主義の核心的価値観の要求に良質の教育資源を活用、多様な媒介する技術担体を統廃合し、集のインターネット・メディアの端末を作ることに一つの総合技術装備およびパッケージ資源の解決策は、優秀な伝統文化教育の実現はキャンパスの広報文化の相互融、授業内容資源の融通、中華優秀研究陣地伝統文化理论とその教えを作る研究するテップス、探求の小中学校の伝統文化構築校本教育課程と教学教え方指導サービス体系だ。

今後、全国小中高校伝統文化理論研究システム、カリキュラム革新システム、教員教育システム、教科研究協力システムとメディア資源センターを探索して段階的に改善し、小中高校伝統文化課程の革新と教育法革新の仕事を研究し、小中高校伝統文化教育の教育レベルの向上に奉仕する。

辛文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です