2021年12月2日

春耕生産の新しい情勢:畑にプラスとマイナスを加えると、良質な製品が多くなる

緑春耕躍働広大田野(野良追迹高質・春耕探行)

編集者注:清明谷の雨は連なり、浸種春耕は遅れてはならない。年間を通して食糧の豊作を保障するには,春耕生産の第一次戦争をうまくやらなければならない。今は春の農業生産の真っ最中で、南から北に向かってだんだんと進んでいる。今年の春耕生産の新しい特徴は何ですか?生産経営の新しいモデルは何か?農民の農業には何が新しい追求なのか?畑の頭はどれらの新しい技術を使いますか?本紙は複数の主要生産地域に深く入り込み,今年の春耕生産の新しい情勢を観察した。

「春は雨を刈り取り,秋は万担の穀物を収穫する。」3月下旬、安徽省天長市又澗鎮張営村は雨が降って晴れて、綿々と続く春雨を飲んで、菜の花が一切れになって咲き、緑の小麦が力を入れて成長した。禾禾生態農業専門協同組合の平東林理事長は忙しい春管をしています:「農業の時は人を待たないで、小麦の緑の生産はひげを押して推進しなければなりません!」

今年は「十」のスタートの年、各地で各省庁の加速発展方式の緑の変形、送って技術は、優装備を広める農業深节水コントロールに水を年内に土壌污染と5000まんヘクタールの農耕地4000まんヘクタールを轮作、ヒュー耕再1まんの緑の地理的表示や有機農産物を認め、食用の農産物のアプリケーションなどの制度の推進を実現全覆われた。春耕期の田野は,いたるところ緑にあふれている。

畑から引き算をすると、良質な製品が増えてくる

緑の春耕は、良質で効率が主基調です。

「このあいだ小麦のひき節を施したが、いまは穂粒の形成が肝心で、小松菜も莢に粒ができている。5月下旬になれば田植えが始まる」と話した。平東林は90年后で、数年前に都市から故郷に戻って協同組合を始めて、新しいタイプの職業農民になった。

2018年から、協同組合は張営村で1200ムー余りの土地を移動し、稲麦(油)の輪作を展開している。「土地をうまく植えるには、グリーン発展の道をしっかり進まなければならない」平東林は感銘を受けて、現在畑で栽培されている小麦は「鎮麦」系列で、この品種は中麦に属して、穂粒が大きくて、病気に抵抗しやすい。アブラナの茎は有机質が豊富で、毎年収獲后に田に積んで発酵させ、10斤の底肥を少なめに施せます。

ここ数日,水稲はまだ土の準備と田植えの段階にあって,150ムーのイネとエビの田はすでににぎやかになった。「冬に出されたザリガニは、一ヶ月前から出荷され、一日の生産量は100斤余りだったが、今年は値段がよく、一斤あたり20 ~ 25元で売れる。」平東林氏によると、ザリガニを育てた水田は、土が水に一冬浸した後、土の質が柔らかく、池を清めると田を耕す必要がなく、直接田植えができる。

緑の春耕,投入品をしっかり管理することが鍵である。

稲とエビの生産,脂肪と薬はすべて厳格にコントロールしなければならない。「協同組合は高効率の有机肥料と生物農薬を采用して、コストはかなり高くなりましたが、利益は上がってきました。平東林氏によると、米は加工してから販売すると、普通の米より斤当たり2元高い。昨年、1ムーの稲えび畑の純利益は2650元に達し、皆が利益を得た。

畑を引き算していくと,畑に良質の製品が多くなる。昨年、中国はグリーン、有機、地理的表示の農産物2万2000品目を新たに認証し、農産物の定期的なモニタリング合格率は97.8%に達した。

緑の春耕、循環農業が見どころです。

「やり方を変えて畑を作れば、田のあちこちが廃れて宝になる」今年の春耕、平東林はもう一つ嬉しいことがあります:協同組合は新しく建てたわらの炭化粒工場に投資してまもなく正式に生産を開始します。

「農作業を続けていると、大量のわらが完全に消化しにくいので、いいところがある」平東林によると、ストーラは高温蒸す缶などの一連の工程を経て炭素粉を形成し、一部は炭基肥、稲の苗を育てる基質を作ることができる;他の部分は粒子状に圧縮されバイオマス燃料になります推計によると、わらの加工項目は毎年張営村の集団に3.6万元の固定配当をもたらすことができる。

今年の中央1号文書は、農業のグリーン発展の推進を強調している。肥料や農薬の減減効果を持続的に推進し、農作物の病虫害防止制品や技術を広め、家畜の糞汚物の資源化利用を強化し、わらの総合利用やフィルム、農薬包装物の回収行動を全面的に実施し、循環型農業を継続的に推進している。

「インターネット+農業技術」が田に進出し、農民の休日を助ける

畑では、インターネットが緑の春耕に羽を立てた。

「趙さん,私は茶園に大豆を植えるつもりだが,これでいいでしょうか?」3月14日早朝、四川省旺蒼県大両鎮金光村の脱貧困世帯、蒲守国さんが黄茶園に来て、「春耕の家」ウィーチャットのグループに写真を送った。数分もしないうちに、「はい、そうです。しかし、ここ数日は春の日照りがひどくなるので、新しく植えた茶の木には必ず定根水をかけなければならない」と話した。

蒲守国が口にする「老趙」は趙大春と呼ばれ、旺苍県農業農村局が訓練した97人の農業技士の一人で、村人に春耕の技術問題を解くのを助けている。「仲間が指差して、質問が集団に届いたら、いつでもどこでも答えてやる」趙大春は言う。

「茶の木が大豆を栽培するのは、効果が小さいわけではない」趙大春さんによると、豆苗が育つと茎が繁茂し、雑草の伸びを弱め、草取りの代わりに薬を飲むことができ、同時に窒素を固定し、地力を高めることができる。推計によると、1ヘクタールの茶園で4キロの大豆を栽培すると、尿素の使用量を10キロ減らすことができ、茶樹の成長がより力強く、茶葉の品相もより良く、従来の栽培法より茶葉を10キロ以上多く採集することができ、25%程度の増産に相当する。

オンライン・オフラインの農業指導によって,多くの農家が生産技能を身につけるようになった。「ウィーチャットグループで農作業を見たり、技術を学んだり、専門家が訪問指導をしたりして、増産増収がさらに保障された!」金光村の茶農家の趙万勇さんの家には5ムーの茶畑があり、今年は何人かの仲間と一緒に、村の最初の2年間に新しく作られた黄茶畑を、このパターンを使うことで、効果はすぐに現れます。

現在、両鎮には貧困脱却世帯98世帯、栽培農家10世帯、科学技術モデル農家16世帯が「春耕の家」ウィーチャットグループに加入している。全県で、ウィーチャットのプラットフォームを通じて、春耕春管「微授業」を累計300回以上開設し、1万軒余りの農家に2526件の春耕生産技術問題を解決した。

新しい技術は畑に「緑」をもっと濃くさせる。

「農業技術の普及とは、農民に見せ、農民を連れてやることだ。春耕のこの時期を利用して、グリーン生態生態技術を大いに普及して、年間の農業生産のためにグリーン基調を定めます。」全国農業技術普及サービスセンターの魏啓文主任は次のように述べた。

今年3月以来、全国農業技術普及サービスセンターは春の主要農作物の科学肥料指導意見と重大病虫害防止制御技術案を相次いで発行し、土壌配合肥料、有機肥料代替肥料などの減量増効果技術を重点的に普及し、農薬肥料の減量化を持続的に推進してきた。

現在、農作物の肥料や農薬散布量は4年連続マイナス成長を達成しており、畜糞汚泥の総合利用率は75%を超えている。55万人近い農業技術普及員が農民とともに、春耕生産のために新緑を身につけた。

スマート農機は質を高めて面を広げ,農民の農業がより楽になる

春に1水をやると,ムー当たり1000斤の収穫がある。山東省平度市の50万ムーの穀物緑の高品質で効率的なモデル区を作成するには、平らな機械耕作路、標準化された水路と森林網が縦横に交差します。田庄鎮西寨村の穀物農家侯松山は小麦に水をかけて、麦の苗が風に向かって立って、青々としている。

「昔は穀物を作るときに、一番困ったのは水やりだったんです」侯松山さんによると、小麦は種まきから豊作まで三、四回かけなければならないが、一人が一日に四、五ムーの土地にしかかけられず、3000ムーの土地だけで人件費だけで6万元余りになる。

2018年、地元政府は水と肥料の一体化プロジェクトを推進し、侯松山流転の土地、1000ムーがプロジェクトの範囲に含まれた。1ムー当たり500元の政府補助金と200元ほどの自己資金で、標准化された送水管、出水栓、機械井戸などの農地灌漑施設が建設された。

「一つの井戸が二、三百ムーの土地を管理して、閘門を閉めば、夜にも水をやることができる。」侯松山氏は次のように述べた。ロール式噴流机は土地を均一に撒くことができ、水と肥料の一体化システムは正確な点滴灌漑を実現することができ、両者は併用して使用し、1ムー当たり大水灌漑より2割の水を節約し、人工を計算して、ムー当たり100元余りを節約し、200斤近く増産する。

全国に目を向けてみると、各地で農地の生産基盤を向上させ、生産方式を変え、土地や肥沃な水の利用率を高め、効率的に集約的な生産経営を促進している。

近代化の装備は緑の春耕に助力する。

甘粛省山丹県西屯村では「一世帯一区画の田」という高基準の農地改造が実施され、細々とまとまった田となった。「今年私は900ムーの土地を請け負った。労働も省けるし、石油も省ける。」農業と牧畜の専門協同組合の責任者の刘登成感慨。

河南商水県の高標准農地のモデル地区では、農地は、フィールド気象ステーション、土壌水分モニタリングステーションとiot監視装置をサポートし、農民は携帯電話でポイントをポイントし、灌漑、肥料などのインテリジェントな管理を完了することができます。

昨年、中国は8391万ムーの高標准農地と2395万ムーの高効率節水灌漑を建設した。農業農村部の関係責任者は、今年1億ムーの高標準農地と1500万ムーの高効率節水灌漑建設任務を完成し、2022年までに10億ムーの高標準農地を確保すると説明した。

宜机化改造に伴い、より多くのグリーン知能机械が大田に入った。広東省広州市従化区中塘村では、稲の田植え同期精量施肥機が轟音を立てて通過し、植栽された苗と肥料が同期して田に残った。現場の技術者によると、「この田植え機には定量肥料装置が設置されており、田植えの際に箱に入った肥料の粒をカテーテルで苗の根に正確に送り、田植えと肥料の二工程を完了させている」という。

現在、わが国の農業生産は機械化主導の新段階に入り、主要穀物作物の総合機械化率はいずれも80%を超えている。農業農村部農机化管理司副司長の王甲雲氏は、今年は東北の黒地保護的耕作行動計画を引き続き深く実施し、わらの覆いを推進して少耕を免除し、種まきを促進して機械化技術の応用を推進して質の拡大を促進し、さらに肥地力を培い、食糧の安定と豊かさを持続的に促進すると述べた。

本紙郁静嫻李暁晴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です