2021年12月3日

民間航空局はルワンダ航空など3つの航空会社に対し、再び溶断措置を実施した

4月2日民間航空局のウェブサイトによると、4月1日から4月2日にかけて、民間航空局は、ルワンダ航空wb9500便、エチオピア航空et684便、トルコ航空tk72便に対して、再び航空機の凍結措置を実施するよう指示した。

ルワンダ航空は3月21日に入国したwb9500便(キガリ~広州)で、核酸検査で陽性反応を示した乗客5人を4月5日から2週間運航を停止した。当該路線の4月5日以前に入国した便は継続することができ、その間に溶融メカニズムが作動した場合、溶融時間は積算されます。

エチオピア航空は3月23日に入国したet684便(アディスアベバ~上海)で、核酸検査で陽性反応を示した乗客5人を4月12日から2週間運航を見合わせた。当該路線の4月12日以前に入国した便は継続して運航することができ、その間に溶断メカニズムが作動した場合、溶断時間は積算されます。

トルコ航空は3月24日に入国したtk72便(イスタンブール~広州)で、核酸検査で陽性反応を示した乗客14人を4月19日から4周間運休した。上記の溶断した便数は、他の航路では使用できません。

民航空局は、これら3社に後続便の乗客の安心や航空券の払い戻しなどのサービスをきちんと行うよう求めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です