2022年1月28日

清明節の連休期間中、中国鉄道は4970万人の旅客を送る予定だ

【北京4月2日】中国国家鉄道集団有限公司(以下「国鉄グループ」という。)は4日間の鉄道清明小連休が2日にスタートし、4月2日から5日にかけて、全国の鉄道は乗客4970万人を輸送する見込みで、そのうちピーク日の4月3日には1400万人を超える乗客を輸送する見込みだと発表した。

国鉄グループの旅客輸送部門の責任者は、国内の疫病の予防とコントロールの情勢が引き続き好転していることに伴い、清明小連休期間中に訪問客が先祖を訪問し、祭り、青などの行楽需要が旺盛だと述べた。鉄道部門は市場の需要を重視し、旅客輸送組織を強化し、サービスの質を向上させ、休日の旅行客の需要をさらに満足させる。

担当者によると、清明休日期間中、全国の鉄道はピークダイヤを実施し、1日に10046本の旅客列車を運行する予定で、2019年の清明休日に比べて10.6%増加し、今年最高の輸送力投入を記録した。人気のある方向で普速旅客列車を増発し、上京、進滬、進穂旅客列車に車両を追加し、フル編成運行を実施し、旅客座席を増加させる。

鉄道部門はまた、春の花見、大学院旅行、赤い観光、農村観光など、それぞれ特色のある高級観光コースを念入りに作った。成都セットグループごとに、瀋陽セットグループ会社「パンダ専用列車」に「に汽车に乗ってラサ」、太原セットグループごとに「私号」が、済南セットグループ会社ごとに「あるチルの星」などの観光列車が、スポットチケットの提供、宿泊、交通、道路を迎え、ガイドの諮問などワンストップサービス、観光客のため外出より体験を提供する。北京、上海、広州、南寧、南昌、昆明局のグループ会社は赤い観光資源を十分に発掘し、テーマの観光列車を運行し、赤い観光地を1つ1つ直列し、旅客に高速鉄道に乗って赤い足迹をたどるようにした。

また、鉄道部門は81組の公益性の遅い汽車を運転して、旅客の外出体験をさらに改善する。

責任者は次のように強調した。清明節の休日期間中、鉄道部門は常態化の予防とコントロールを緩和しないことを堅持し、駅車両の予防とコントロールと鉄道輸送サービスを統一的にうまく管理し、駅車両の温度測定、換気消毒、非常隔離席の設置などの予防とコントロール措置を厳格に実施した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。