2021年12月3日

湖北県域の経済総量が「半壁江山」を支えている

武漢4月2日発:湖北省政府新聞弁公室が2日に開催した記者会見で、2020年に湖北省は疫病、増水などの復数の影響の下、県域で地域総生産2兆5500億元(人民元、以下同じ)を達成し、省全体のgdpの58.8%を占めることが分かった。

「県域は全域協同発展の主戦場、村おこしの本陣」湖北省経信庁党組のメンバーで、総エンジニアの盛章学氏は次のように述べた。湖北県域の人口は8割を超え、経済総量は「半分江山」を占めている。「第13次五カ年規画」以降、同省の県域経済総量は2兆元、2兆5000億元を突破し、gdpが300億元を超える県・市区は36ヵ所、500億元を超える県・市区は16ヵ所に達した。湖北省の県域経済は全国で影響力が絶えず拡大しているが、県域経済が強くないのは同省の質の高い発展の突出した欠点である。

「良いことをする」村の振興と「強いことをする」県域経済のために、湖北省はこのほど「全省の県域経済の質の高い発展を加速することに関する意見」を発表した。

『意見』によると、財政面では、省管県財政体制を実施している県(市)に対して、同年の税収増加が全省の平均レベルを上回った省級増分分の全額を奨励している。技術改革では、省・市・県が県域製造業の技術改革をサポートしてエネルギーを拡大し、産業モデル転換とアップグレードを促進する。金融では、商業銀行が県域に支店を設けることを奨励する。土地保障の上で、用地効率を高める。インセンティブ規制では、県域経済の発展に貢献し実績のある幹部を抜擢するなど。

一次経済强县の育成のため、また、湖北县域経済発展も実施する「世界进位トップ、世界スパートでトップ、世界備蓄」のトップ戦略を優先の経済実力を選択し、発展の質、生態環境、民生の保障などの良い郡(市)は、「さんびゃく」の構築戦略陆军郡(市)、牽引車と同省县域現代産業体系、新型の町の体系、技術革新体系、都市と农村支配システムの建設などの公共サービス体系、生態環境が全面的に進歩する。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です