2021年6月14日

金控会社の幹部達の注意:記録に載せて管理します!

北京4月2日電金融ホールディングスの取締役、監事、高級管理職は会社の規範発展に重要な影響を与えます。このため、中国人民銀行は2日、金融持ち株会社の董監高に対して届出管理制度を実施し、董監高の勤務条件、勤務管理、届出プロセス、監督管理などの面で規範化した暫定規定を発表したと発表した。

人民銀行の関係者によると、金融持ち株会社は金融機関によって管理され、業務の種類が広く、機構の数が多く、関連性が高いという特徴を持っています。その董監高の金融専門知識、リスク管理能力とコンプライアンス経営理念は、金融持ち株会社及び持株機構の規範発展に重要な影響を与えます。

金融持ち株会社の董監高の就任と管理を規範化させ、会社の健全な運営を促進するため、人民銀行はこのほど、「金融持ち株会社の取締役、監事、高級管理者の届出管理暫定規定」を発表した。

紹介によると、暫定規定は人員の適切性の原則に基づき、金融持ち株会社の特徴を結び付け、董監高の勤務条件と届出手順を明確にし、職務管理を強化し、重要な持ち場の人員リスクを防止し、兼職を規範化し、履職を代行し、公示人員の情報などの行為を行う。同時に、人民銀行が金融持ち株会社の董監高に対して届出と監督管理を行い、事件中の事後監督を強化し、責任追及の力を強化することを明確にした。

人民銀行関係者によると、これは専門管理チームの形成を促進し、会社の管理を充実させ、健全な運営を推進し、金融機関と金融消費者の合法的権益をよりよく保護することに役立つという。次に、人民銀行は公開、公平、公正の原則に従い、法により金融持ち株会社の取締役、監事、高級管理者に対して届出管理を実施し、金融持ち株会社の健全かつ秩序ある発展を推進する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です