2022年1月28日

3月、中国の物流景気指数がはっきりと回復した

中国物流・調達連合会が2日に発表したデータによると、3月の中国物流業景気指数は54.9%で、前月より5.1ポイント回復した。物流関連業界の業務活動はいずれも旺盛で、今後も好調が続くと分析されている。

中国物流・調達連合会会長補佐、中国物流情報センターの何輝主任は、3月に中国の生産・建設シーズンが到来し、サプライチェーン上下流の経営活働が回復するにつれて、物流業景気指数が50%以上の拡張区間に戻り、明らかに回復傾向を示していると述べた。項目別に指数上、物流業務が急速に増加し、物流需要が缓やかに上升、物流業資金繰りが加速する、設備の活用度を高めて、物流サービス価格指数とタッキファイヤー業務利益、电光の物流企業経営収益は改善し、物流業界従事者数は急速に回復し、業界の午后が予想より続ける。

地域別では、東部・中部・西部地域の物流活動が本格的に回復しており、特に西部地域の物流活動の回復速度が速い。業種別では、物流関連がいずれも旺盛で、道路運送業や宅配サービス業の回復が目立っている。企業規模を見てみると、大・中型物流企業は着実に回復し、小・小型物流企業は急速に回復し、物流業界の后期の発展は順調に推移している。

データによると、3月の新規受注指数は先月より3.7ポイント回復し、東部、中部、西部のいずれも50%以上を維持しており、節分物流業の需要が全面的に好調で、安定して上昇傾向にあることを示している。分析によると、后期の動向から見ると、サプライチェーン上下流企業の生産・経営活働が全面的にスタートするにつれて、物流業務活働は引き続き活発な状況を維持する。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。