2022年1月28日

3月の中国の倉庫指数は52.7%と順調に推移している

中国物流・調達連合会と中預発展股份有限公司が共同で調査した中国倉庫指数は2021年3月で52.7%で、先月より3.8ポイント上昇した。業界のアナリストは、后期に見て、企業は短期的なビジネスの成長に対する自信が十分で、将来の倉庫業界の発展が依然として良い傾向を維持することを予告しているとみなしている。

品目別では、設備利用率指数、期末在庫指数、企業勤労者指数が前月より下落したが、その他の指数は多少回復している。

アナリストによると、21種類の商品からなる2021年3月期の在庫指数は55.3%で、前月より4.5ポイント下落し、拡張区間の高い水準を維持している。これは倉庫の入庫量が出庫量を上回っていることを反映しており、在庫水準が前月に引き続き上昇している。品目別に見ると、生産手段商品のうち、鋼材、有色商品の在庫は先月より大幅に回復した。生活資料品目のうち、食品、衣類、繊維製品、家電製品の在庫が先月より大幅に回復した。旧正月連休が終わった後、国内経済の回復の勢いが加速したことを背景に、倉庫業需要が徐々に回復したことを反映している。

3月の業務量指数は54.9%で、前月より13.2ポイント回復して栄枯線に達した。これは前期ベースが低い上、生産や建設シーズンの到来に伴い、各地の企業が続々と操業を開始し、市場需要が集中的に回復したことを反映している。品目別では、カラー、建材など生産財の業務量が回復した。

後半の推移を見ると、新規受注指数と事業予想指数はいずれも急速な上昇傾向を維持していると分析される。最近、国内経済回復の勢いが強まり、内需拡大の政策効果が徐々に現れている。これは倉庫需要を支えている。後期シーズンの継続は倉庫需要を牽引する効果もある。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。