2021年10月23日

A株の三大指数は白酒、半導体株を押し上げた。

4月2日のニュース金曜日、A株の3大指数は集団で高く開かれて、石化、白酒、半導体のプレートは膨張して、海運、港、農業のプレートは下落して前に位置して、炭素の中和の題材は引き続き調子を返します。

  

取引開始時点で、上海は0.18%上昇し、3472.63ポイントを報告します。深く0.45%上昇し、14042.13ポイントを報告します。創業板は0.46%上昇し、2828.35ポイントを報告します。

盤面では、農産物加工、その他の建材、半導体、飲料製造、黄金などのプレートが値上がりしました。林業、レアメタル、栽培業、鉄鋼II、水上運送などのプレートが下落しました。概念株については、資金の先導、昨日の連板、高送転充権、人造肉、昨日の上昇停止などの値上がり幅が前になり、新疆の振興、綿、遺伝子組み換え、草甘ホス、農業栽培などが前に減少した。

株は1771株で、海利生物、済民製薬、徳利株など多くの株が5%を超えた。1538株は下落しました。その中で新力剛、新試合株式、武漢ホールディングスなど多くの株は5%を超えました。

資金の流れについては、業界のプレートの主力が上位5位に流入したのは他の交通設備、文化メディア、インターネットメディア、マーケティング伝播、船舶製造で、上位5位に流出したのはその他の交通設備、文化メディア、インターネットメディア、マーケティング伝播、船舶製造です。主力の流入上位5位の株は中国広核、開普検査、欣賀株式、日久光電、地下鉄設計で、流出上位5位の株は中国広核、開普検査、欣賀株式、日久光電、地下鉄設計である。主力流入上位5位の概念題材はO 2 O概念、綿、特高圧、風電、深セン国資改革で、流出上位5位の概念題材はO 2 O概念、綿、特高圧、風電、深セン国資改革である。

中国外貨取引センターからのデータによると、人民元の対ドル中間価格は65ベーシスポイント低下し、6.649%に達した。

前の取引日までに、上交所の融資残高は7959.49億元となり、前の取引日より11.05億元減少し、融券残高は888.03億元となり、前の取引日より7.96億元増加した。深交所の融資残高は7113.05億元となり、前の取引日より13.63億元減少し、融券残高は579.72億元となり、前の取引日より9.22億元増加した。両市の融資金融券の残高は合計16540.29億元で、前の取引日より7.5億元減少しました。

上海深港から南北資金の流れを見ると、発稿までに、北から資金の純流出は54.64億元で、その中の上海株の純流出は8.9億元で、当日の資金残高は528.9億元で、深株通の純流出は45.74億元で、当日の資金残高は565.74億元である。純流入は0.0億元で、当日の資金残高は420.0億元である。

方正証券は、K線の組み合わせが「W底」の雛形で、3479点以上を乗り越えてしっかり立つかどうかで、「W底」が成立するかどうかを決定し、3479点以上に効果的に立つことができれば、「W底」の形態が確立し、反発の空間がさらに拡大する。そうでなければ、高反発し、箱の運行を継続する。A株の底の部分は基本的に確立していますが、調整時間が足りないので、総合株価は底の部分を続けます。時間で空間を変えてまだ行って、“羊の群の効果”は今年の構造のホットスポットの盘口の特徴で、“炭素の中和”の投資の主要な線は通年を通します。

ネット証券は、最近市場全体のプレートに分化が現れ、操作上、軽い指数が株を重くし、構造調整のリスクを回避し、倉庫を合理的に規制し、ホットプレートのホイール移動の機会を把握すると提案しています。国産チップ、ホホホス、有色、近端次新、空港、工業自動化、希土類永久磁気、光伏、先物、リソグラフィーゴム、証券会社、高速鉄道、基建、鉄鋼などのプレートの株機会に注目し、市場整理、問題妖株の解禁、減持、帽子除去概念、基金抱団などのプレート株調整リスクを回避する。(APP)

(文中の観点は参考のみで、投資提案を構成しないで、投資はリスクがあります。入市は慎重にしてください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です