2022年1月28日

teslaの第1四半期の納車台数が18万台を超えたmodel yが中国で人気を集めている

上海4月3日:テスラは3日、2021年第1四半期の生産および引き渡し報告書を発表した。報告書によると、第1四半期にテスラは全世界で18万台以上の自動車を生産し、18万5000台近くを出荷した。

特筆すべきは、2021年第1四半期の出荷量もテスラ史上最高を記録したことです。

テスラ側は、model yが中国で絶大な人気を得ていることから、生産能力を急速に最上位段階に引き上げているとしている。しかし、それでもmodel yは中国では供給不足の状態で、テスラの公式サイトによると、現在model yを注文しており、納期は2021年6月が早いという。

テスラ側は、新型モデルsとモデルxも好評を得ており、これに対応する生産設備も第1四半期中に設置・テストを完了し、量産の初期段階に入っているとしている。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。