2021年12月2日

寧波は農業のための野菜制種総合保険「チップ」を発売護送船団を育成する

寧波4月4日清明直前、寧波市鄞州区微萌種業有限公司の薄永明社長はついに野菜制種総合保険契約を締結した。「この保険があれば、うちのメーカーは『安心感』を得られる」薄永明は言う。

種子は農業の「チップ」と呼ばれ、その品質は農作物の成長に直結している。しかし、多くの企業では、プロセスが長く、結果が予測できない。「種子の生産は天候に厳しいので、うちの会社では、試験種子の1%くらいしか達成できないかもしれません」薄永明は言う。

「農業生産は自然災害の影響が大きい産業であり、製種は一般的な農作物の栽培に比べて、より大きなリスクに直面している」寧波市鄞州区農業農村局の胡尚鵬副局長は、自然災害などの影響要因に加えて、種子のアフタープランニングの保証期間中にも様々な紛争に直面する可能性があると述べた。信頼性と穏当な保障メカニズムは、種子制企業の発展にとって非常に重要だ。

農業の「チップ」産業の円滑な発展を保障するために、野菜の総合保険は地元の農業と農村、保険、損害保険などの部門の計画の下で生まれた。保険契約によると、今后、暴風雨、洪水、洪水、病虫害などの影響で、保険野菜制種植物が制種価値を喪失したり死亡したりした場合、保険会社は契約によって補償を受けることになっている。

これとともに、全国で販売された種子に欠陥があり、農家の財政的損失が発生した場合、保険会社が補償を行うことにした。微萌種業有限公司は当地の85ムーの原種繁殖基地で、ムー当たりの平均保証額が4万元を超えたことが分かった。協定締結後、関連部門は企業に全サイクル追跡サービスを提供する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です