2021年12月2日

湖南直接aseanの最初の国際貨物列車は、資格祥鉄道の港から出て行きます

4月4日崇左:長沙-ハノイasean国際貨物列車は3日に広西省の鉄道港から降ります。これは湖南からasean諸国に直行する初の国際貨物列車である。

この列車は3月31日に湖南省長沙北駅を出発し、4月3日に通関手続きを経て、ベトナムのハノイに向けて出発した。同列車は82個の標本箱を搭載し、主な積載貨物はガラス瓶、二酸化ケイ素、熱延原鋼などで、総重量は約573.1トン。

aseanの定期列車が開通したことで、湖南とasean間の貨物輸送時間が過去に比べて約3日短縮され、湖南の製造業が物流コストを下げ、時効を引き上げるなどの難点が解消された。

中国外運広西有限公司の資格祥支社の業務員、韋晶賢氏によると、疫病発生以来、外国貿易企業は鉄道輸送の需要が切実で、長沙- asean国際貨物輸送ルートの開通は物流コストをさらに下げることができ、中部地域の貨物を東南アジアに輸出するための新たな通路を提供している。

凭祥税関の监视科薛云程副課長の紹介を万全班列监督、凭祥税関の予告を繰り上げて班列ごとに半月前、に凭祥関門と実地调査の沙税関、长沙市口岸办调研组一行を詳細に疎通座談の保障沙からどのように東南アジア諸国の国際貨物のクラスのごとに交流し、具体的な監視サービスの細部便利ドッキング疎通体制の構築に、業務の効率確保かみ合う。班列到着後,第一時間通関員を手配して通関手続きを速やかに処理する。

長沙は中国で最初に中央ヨーロッパの列車を開通させた都市の一つで、運行量は2年連続で全国の列車の第1陣をしっかりと確保している。資格祥鉄道のポートは、東南アジア方面への中央ヨーロッパの主要な出国ポートです。2021年1-2月、資格祥税関は入国・出国・中欧のクラス列を95列監督し、前年同期比で79.2%増加した。

長沙~ハノイasean国際貨物列車は湖南鉄道が安定的に欧州路線、中央アジア路線の運行を開始した上で、新たに追加された南下ルートである。列車の貨物は長沙北駅税関監督管区で統一して通関し、車を積んでasean諸国に直行する。3か月の試験運行を経て、このaseanクラスは徐々に週1便の常態化が実現し、安定した国際物流ルートとなる。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です