2021年12月2日

4月3日、鄭州鉄道は乗客65万6000人を輸送し、2020年以来のピークを記録した

鄭州4月4日中国鉄道鄭州局集団有限公司によると、4月3日、同グループ会社が旅客を送った人数は65万6000人で、2020年以来のピークを記録した。このうち、鄭州東駅が旅客を送った人数は20万6000人で、鄭州東駅の旅客輸送記録を更新した。

4月4日現在、同グループ会社は延べ乗客42万9000人を見込んでいる。清明休み、館内の旅客がピークを迎えて、同グループをあまり旅客と爆発的に成長して、青ざめて化の疫学cdcとともに、同グループを駆け込ませ館内踏青号、牡丹号など来特色線路の観光列車は、あまりつながらサービスの「最後の1キロ」、補完鉄道と都市交通シームレスな迎えターミナルけ、最大限満たす洛陽牡丹のハイ、ハイ开封清明などの観光都市旅客需要乗車。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です