2022年1月28日

中国の力、震災復興の奇跡をつくる

2008年5月12日14時28分、マグニチュード8.0の大地震が四川を襲った。瞬間、山や川が壊れて、南から北への龍門山脈に沿って、震央wenchuan映秀町からmaxian、mianzhu、shifang、北川、青川などの県市には、300キロ以上、10万平方キロメートルに及ぶ深刻な地域に関与しています。

13年が過ぎて、あの年の地震の被災地を歩いて、延々と続く山が濃い緑の服を着て、小さな町の新しい村が立ち上がって、学校の本の音が輝き、工場が新しく生まれ変わった……災害から新生へ、復興復興から発展振興へ、新しい時代へ、ここの人々は心に刻まれた経験で、同じテーマの人を感動させる物語を語ります:中国共産党の指導の下でのみ、前進する道のすべての困難と困難を克服し、人々の美しい生活へのあこがれを実現します。

災害救助を受けて復旧・再建する

「地震の日、私は村人を連れて道路を作っていました。その瞬間、山が崩れ、家が崩れ、村人全員が家を失った。党と政府が必ず管理してくれる」と述べた。当時を振り返ってみると、汶川県映秀鎮黄家院村党支部書記連富強は涙をこらえられなかった。

地震後すぐ、党中央は指示を出し、人民の生命を救うことが急務であり、被災地の人民大衆の生活を最善を尽くして手配することを強調した。党中央の強固な指導と全国人民の傾力な支持のもと、我が国史上最も救護速度が速く、動員範囲が最も広く、投入力が最大の震災救援闘争が迅速に展開された。救助隊は一刻を争って廃墟から8万人余りの生存者を救出し、400万人余りの負傷者を治療し、1万人余りの負傷者を省外に安全かつ秩序よく移送した。被災地では飢饉もなく、大流行もなく、社会不安も起こらなかった。

汶川大地震は破壊的で、広範囲な範囲で、救助が困難で、災害後の復興は「世界的な難題」と呼ばれ、前例がありません。災害後の復興と発展において、党中央は人民を中心に「民生優先」の原則を貫徹しなければならないと要求している。震災から1ヶ月後、党中央は一声をかけて、19の省と市が「一対一で」災害県を支援するよう呼びかけた。30万人以上の大軍が震災地に駆けつけ、100万人近くのボランティアが自発的にやってきて、我が社会主義制度の優越性を十分に示した。

「陳仁福、温代賢、邓昭英…」ブン川県半坡村党支書の陳慧群氏が一気に発表したいくつかの名前は、13年前に珠海がブン川に派遣した第一陣の支援工作チームのメンバーの名前だ。その年,彼らは町の工場や鉱山,山郷や田畑で奮戦し,地元の災害復興のために大きな貢献をした。「その恩は、いつまでも忘れません」陳慧群は興奮して言った。

最初の3年間の復興を経て、四川地震被災地の540万戸余り、1200万人余りの都市部と農村部の住民の住宅問題がすべて解決された。3001校の学校が2989校、1362校の医療・衛生・リハビリ施設が1359校が完成した。農地と宅地が破壊された20万人の農民の定住と生計問題が円満に解決され、2万7000人余りの地震障害者が医療で回復した。「どの家にも家があり、家庭には雇用があり、すべての人には保障があり、施設には向上があり、経済には発展があり、生態には改善がある」という目標は予定通り実現した。

浴火再生振興へ

7日間の人命救助、100日間の定着攻堅、1000日間の復興戦、13年間の発展と振興を通じ、中国共産党は人民を率いて震災救援と災害復興の偉大な奇迹を創造した。特に第18回党大会以降、習近平同志を中心とする党中央の強固な指導の下、四川省は災害後の復興を契機に改革と開放・イノベーションの全面的深化を推進し、大災害の試練を乗り越えただけでなく、今日の質の高い発展の強固な基盤を築いた。

新しく建設された北川中学校の校舎は山に囲まれ、敷地は225ムー、建築面積は7万2000平方メートル、耐震強度は8度に達している。刘亜春校長は、北川中学は校舎がより広く堅固になっただけでなく、教育の質も大幅に向上し、2017年に四川省級モデル高校の創設に成功したと述べた。

道路の被害がひどく、震災后、ブン川は進入が困難な「離島」となった。今では、都江堰-汶川高速道路が開通し、成都から汶川まで車で2時間もかからない。近年では、ブン川-馬尔康高速道路や国道213線、317線の再建や改築などの交通プロジェクトの建設を通じて、四通八達、早送り、高速の交通ネットワークが形成されている。

災害は実践を刺激し,イノベーションは発展を導く。その年のあの大地震は東方蒸気タービン有限公司の綿竹漢旺の基地を全部壊して、彼らはわずか1年余りで四川徳陽市高新区にある新基地を建てた。新しく生まれ変わった東汽は革新駆動を堅持し、「華竜一号」主設備の主要サプライヤーであり、石炭発電国内市場で41.4%、石炭発電対外貿易市場で53.1%、内燃機関市場で40%のシェアを占めている。

いくつかの特色ある小さな町、特色ある新村が雨後の筍のように急速に成長している。四川三江町の楽活村は地元の美しい自然環境を利用して観光業を発展させ、年間収入は200万元以上に達する。都江堰市天馬鎮田園総合体プロジェクトの建設に頼って、一二三産業の相互作用の発展を推進して、農民の急速な増収と豊かさをもたらします。綿竹市龍門山下のバラの町は数千人の農民の雇用を吸収した。「復興・再建から貧困脱却の攻城戦、そして村の振興に至るまで、党の指導の下で、地震被災地は他の地域と同様、振興・発展の道に一歩も落ちていない。」汶川県委員会の羅凌副書記は次のように述べた。

自強息息感謝奮進

災害は,一つの民族の精神意志を検証した。

四川地震被災地の幹部に近づくと、中国の子供たちの粘り強さと精神力を感じた。綿竹漢旺鎮では、地震で負傷し障害を負った劉春燕さんが自発的に「春燕手作り工房」を立ち上げ、地元の姉妹たちを引率して手作りアクセサリーをオンラインでオフラインで販売する。青川県黄坪郷ナツメ樹村の村人石光武氏は永久住宅を再建する際、自宅の入り口に「自分の力を出して、自分の汗を流して、自分のことは自分でやる」という標語を貼っていた。被災地の人々は巨大な天災や困難の前に頭を下げたことがなく、彼らは自分たちの知恵と手で団結奮闘の成果を生み出し、不撓不屈、同じ船で共済し、勇往邁進する精神の内包を表している。これも中華民族精神の重要な体現である。

” 5・12 “汶川大地震の后、地震災害と耐震史実を記録するために、遺迹、遺迹、文物を保護し、四川省は精神的な故郷の守護と再建をしっかりと把握し、都江堰、漢旺、shifang、北川など6ヵ所で汶川地震遺迹遺迹館(地、園)を建設した。今では、「5・12」汶川大地震映秀震源地記念館と都江堰市地震救援・復旧復興陳列館などの記念館が重要な愛国主義教育基地となっている。

綿竹市漢旺地震遺跡公園のキャスター張湾湾は、「党の結束力、呼びかける力、戦闘力、社会主義制度の巨大な優越性は、災害を克服するための根本的な保証を回復し、再建します。」と述べた。「5・12」汶川大地震記念館の羊芳キャスターは、記念館は中国の物語を語る重要な窓口であり、社会主義の核心的価値観を育成し実践する重要な担い手でもあると述べた。

本紙鐘華林

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。