2021年12月2日

人民財評:勢いに乗って、エネルギーのグリーン・低炭素モデル転換を推進する

人民財評:勢いに乗って、エネルギーのグリーン・低炭素モデル転換を推進する

エネルギー安全保障は国の経済・社会の発展にかかわる全体的かつ戦略的な問題であり、国の繁栄と発展、人民の生活改善、社会の長期的な安定にとって極めて重要である。

エネルギーのグリーン低炭素モデル転換が緩和されず、近年、中国の再生可能エネルギーは飛躍的な発展を実現し、2020年に再生可能エネルギーの開発と利用規模は世界第1位を維持している。2020年末までに、中国の再生可能エネルギー発電設備の総規模は9億3000万kwに達し、設備全体に占める割合は42.4%となり、2012年に比べて14.6ポイント増加した。

今年は「十四五」のスタートの年で、新しい局を開き、新しい机器を育て、新しい編を計画し、エネルギー生産とエネルギー消費革命を積極的に推進し、重荷は肩にあり、使命は前にある。

巨大な発展の成果の前に、私たちもはっきりと認識しなければならない、中国のエネルギーのグリーン低炭素モデル転換は依然として多くの挑戦に直面している。例えばエネルギー需要への圧力が大きくエネルギー供給の制約が多い。エネルギー技術レベルは全体的に相対的に遅れている。クリーンエネルギーの不足などですブルドーザーで挑戦し、必要な自信と秣马厉兵の落ち着いた、戦に日の斗山の勇気。

中国のエネルギーのクリーンで低炭素なモデル転換発展を推進することは、国家エネルギー安全保障の新戦略を実行する緊急の必要である。エネルギー需給構造の新たな変化、国際エネルギー発展の新しい傾向に直面して、エネルギー生産と消費革命を絶えず推進し、クリーンで低炭素、安全で効率的なエネルギーシステムを構築しなければならない。

エネルギー供給革命を推進し、多元的供給システムを構築し、生産性、供給性、供給性を確保する。

、供給の横構造改革を轴に、党の十八代以来、韓国国内に即し多元的な供給安全保、大々的に清洁に石炭利用効率を推進し、集中的に発展する非石炭エネルギー、石炭、油の形成、息、核、新エネルギー、再生可能エネルギー多轮駆動のエネルギー供給システム、同期输配ネットワークとエネルギー備蓄施設の建設を強化し、一つにグリーンエネルギー低炭素の変形規模進出の趣時代に来る。

エネルギー技術革命を推進し、産業のアップグレードをリードするには、重点をつかみ、基盤を強固にし、弱点を補強しなければならない。

エネルギー・グリーン・低炭素モデルの道には平坦な道がなく、核心的な砦を攻略し、核心的な技術を身につける方向に沿って登り続けてこそ、決定的な成果を一つ一つ得ることができる。、発展方式を轴に、党の十八代以来、韓国の国情に即し、国際エネルギー技術革命新傾向が、緑の低炭素を方向に分類革新技術革新を推進し、産業革新、ビジネスモデルは、他分野のベンチャー緊密と結合し、エネルギー技術や関連産業の育成を牽引わが国新成長産業のアップグレードの、一グリーンエネルギー低炭素の変形に質の高い発展時代が目前に迫っている。

エネルギー体制革命を推進することは、エネルギー発展の速い車線を切り開く必然であり、イノベーションをアンカーし、鍵を調整し、未来に向けなければならない。

エネルギー供給革命と技術革命は、グリーンエネルギー管理体制を持続的に整備するための環境を作った。党の第18代以来、わが国は確固と改革を推進し、还元エネルギー商品の属性は、有効競争の構造と市場体制の構築、形成主市場決定、エネルギー価格の体制を同時にエネルギーに対する政府の規制方式を積極的に変えて、エネルギーの健全な法治体制の構築、緑の低炭素エネルギーの変形を推进の支配力を近代化水準が高まっている。

中国は2030年までに二酸化炭素排出量のピークを達成し、2060年までにカーボンニュートラルを達成するよう努力する。

これは勢いに乗って、波瀾に富んだ改革プロセスであり、新しい発展理念を実行し、新しい発展構造を構築し、質の高い発展を推進する偉大な事業である。近代化強国の偉大な征途に引き続き奮闘する中で、エネルギーのグリーン低炭素転換は道にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です