2022年1月28日

忘れられない谷の「記念館」

四川竜門山脈の谷には、オープンな国家4 a級の景勝地がある——四川省徳陽綿竹市清平鎮。

2008年、「5・12」汶川大地震が発生した時、ここは震度11度の甚大な被害を受け、2年間の復興で町はかつての美しさを取り戻した。しかし、2010年8月13日、大規模な土石流が襲い、清平町は再び「孤島」となり、全町民が腕まくりをして家を再建した。2017年6月、清平鎮の燐鉱鉱山2000世帯余りが保護のために閉鎖された。

3つ起きて3つ落ちて、庶民は生活に自信を失うことがなく、今の清平の町は農村観光の発展に依存して、美しいおとぎ話の町に変身しました。観覧客たちが村の銀杏号环状线に乗って小列車遊覧時、景色のほかに、自然が残した「傷」が依然としてほど——あたりの大山の上で囲まれ、地震で破壊された山植生がまだ完全に回復します;土石流に襲われた家屋は、一階がほとんど土砂で埋まっていた。清平鎮は天然の記念館のような存在だ。その痛みの瞬間は消されず、清平の人々の夢と希望をつなぎ止めることができなかった。

鉱夫のテーマ街では、850テーマ民宿の主人であるシェファンチャン氏が温かく迎えてくれた。2017年7月、謝芬昌さんの夫が仕事を失ったため、家族は一時収入がなくなった。「政府は農村観光の発展を誘導して、私は地震の后に建てた建物を3部屋にして、農家楽を始めて、最初の1ヶ月で3000元余りを稼ぎました。昨年、私は10万元を使って農家楽を民宿に格上げした。今年は10万元稼げる自信がある!」

閉山後、清平鎮の生態系管理効果は著しく、森林被覆率は87.5%に達した。民宿や農家楽も関鉱前の10軒から現在は176軒に増えた。「今、庶民は飯を食うだけでなく、いい暮らしをしている。」清平鎮の張偉鎮長は次のように述べた。

「清平鎮の住民は大災害を経験し、党と国の助けを受けて何度も家を再建してきた。彼らは素朴な気持ちを持っていて、党の話を聞き、党についていく。だから、鉱区を閉鎖し、村を振興し、観光を発展させて、みんなが呼びかけに応じて、取り残された家族は一人もいない。」張偉氏によると、今の清平鎮は「鉱区が景勝地に変わり、家が花園に変わり、外見レベルが生産高に変わる」ことに成功している。

本紙劉暢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。