2021年12月2日

「女子購買快楽飛行后遭遇14回航変」沖上熱捜索!あなたもカバーされて通りましたか?

4月6日放送:「好きに飛ぶ」「無限に飛ぶ」「ハッピーに飛ぶ」「飛びたいなら飛ぶ」「航空券ブラインドボックス」……昨年6月、東方航空が「週末気ままに飛ぶ」商品を初めて発売して以来、各航空会社は「遊び方」の異なる気ままに飛ぶ商品を相次いで発売し、注目と買い占めを呼び、議論を呼んでいる。4月6日朝、「女子購買南方航空快楽飛行后遇14回航変」微博熱捜上。このヒットを受けて、多くのネットユーザーは「私の楽しみは飛んで行った」と言い出した。

「女子購買南航空快楽飛行后14回遭遇」熱捜索に突入

沸点動画によると、4月5日、中央テレビが複数の航空会社の「好きなように飛ぶ」パッケージの問題を暴露した。ネットユーザーの刀さんも似たようなトラブルに遭遇したという。刀さんは以前「南方航空ハッピーフライト1.0」を購入したのが悪くないので、「ハッピーフライト2.0」を購入し、1月7日から今まで、14回のフライト変更に遭遇し、彼女のスケジュールに何度も影響を与え、1回のフライトが3回変更されたことがあるという。4月1日、ウルムチから帰京する便がキャンセルされ、4月5日にもキャンセルが通知された。その后、関連トピックがツイッターで検索され、記事の投稿時点で累計1億7000万件以上が閲覧された。

多くのネットユーザーも微博の熱で航空司のチケット放券規則が不透明で、勝手にフライトの調整を行っているのではないかと疑い、「買わなくてよかった」と言うネットユーザーもいる。

@ viaomiaomiao:チケットの置き方が不透明で、人が変えない便は多くの席を置き、多くの人が座る席は少なく、周末も少ない。

@為有書香来:航司はこのような楽しいフライトを販売して、格安の航空便の座席数をカバーしようとしましたが、これではカバーできないことに気づいて、彼らは勝手に変更しました。

@壱小寒:この制品の意味を理解していません。楽しく飛ぶのは航司の楽しみで、君の楽しみじゃない。

@午後人:宣伝するときに言うことは偉そうで、使うときにいろんな制限がある。

刀さんのこのような境遇は事実か。「ハッピーフライト」14便の変動要因は?どのような場合にフライトの調整が行われますか?4月6日、電話で南方航空に手紙を送って、記事の時点で、相手はまだ応答がありません。

南方航空ホームページ情報によって、南方航空2.0版楽しく飞に分けて具体的な価格は3899人民元の観光コースと価格は3999元のこぎ定食2種類で、二つの定食均可換2021年1月11日~ 6月30日(2021年2月4日~ 2月22日を除く)毎日任意に时间の国内南方航空便(香港・マカオ・台湾を除く)、路線あたりの回数が、そしてまたあたりの航段数が違う。

ハッピーフライト2.0クルーズパッケージの制品ルールによると、このパッケージで選択できる定点路線のリストは不定期に更新され、購入時の実際の照会結果を基準にして、定点往復路線が選択された時点で変更できない。南方航空はまた、毎日の航空便で「ハッピーフライト2.0」の旅行者にエコノミークラスの座席を最低2万席以上提供することを約束した。旅行パッケージと旅行パッケージは在庫を共有し、交換可能な航空便と交換可能な座席数は実際の問合せ基準で、数量に限りがあり、交換が完了すれば終了する。

航空券の払い戻しについて規定を変更して、南方航空は制品の規則の中で航空券がいったんチケットを出して、変更してはいけないと規定して、非南方航空運送の航空会社に署名してはいけません;チケットの払い戻しは96時間前に(含む)中国南方航空のアプリを介して処理する必要があり、チケットの払い戻しは税金のみです;3回予約した后、実際に乗車しておらず、所定時間までにキャンセルが行われなかった場合(便の変働を除く)、購入した制品は無効となります。公式サイトによると、南方航空のハッピーフライト商品2種の活動は終了したという。

航司は「勝手に飛ぶ」規制の多さにたびたびクレームをつけられた

実際、いくつかの航空会社の「勝手に飛ぶ」製品は、すでに多くの消費者からクレームを受けていた。中国消費者協会連合人民網輿情データセンターがこのほど発表した「2020年10大消費権活動輿情ホットスポット」によると、航空会社が打ち出した「気のままに飛ぶ」規制が多く挙げられている。

インターフェースニュースによると、時間制限の面で、春秋航空は「飛びたい場合は飛びたい」と旅客に7日前に予約するように要求し、残りの航空部門は5日前に予約することができる。換換日には、多くの航空会社が除外されている国慶節の休日、つまり、2020年9月30日-2020年10月8日旅客を交換することができません。次に、「思いのままに飛ぶ」カテゴリーの制品は座席数、交換回数に制限があり、東方航空の規定の航空便が空き座席の場合にのみ交換して使用することができます;中国航空は1便あたり予約可能な座席数を20席に制限している。南方航空の「快楽飛」パッケージは、同一発空港から同一到着空港まで最大2回まで交換できる。

消費者協議会は、このような製品の過酷な使用条件は、消費者の権益をある程度侵害している上、製品の宣伝が「無制限」に重点を置いているため、宣伝内容と消費者体験に大きな差が生じ、消費者に偽りの宣伝の印象を与えていると説明した。

複数の航空司アプリを見てみると、東方航空の「週末気ままに飛ぶ」製品はすでに売り切れており、中国航空、華夏航空などの航空司は既に関連の気ままに飛ぶ製品を手放している。

ベテラン民間航空専門家のチーチーは、”飛ぶ”の本質は、消費者が航空会社の”パッケージ”の利益カテゴリーのサービスパッケージを購入したことであり、それは通常の航空券の消費とは非標准性と非適時性を購入します。「勝手に飛ぶ」が、個別消費者からは「勝手に飛ぶ」に変わる根本的な理由だ。

チーチーの見解では、消費者はある程度、”飛行”の製品の価値を拡大し、人為的に”無視”の製品自体の消費者の航空旅行コストのプラスの意味を下げた。「民間航空業界の関係者として、消費者には権益関連制品を購入する前に、権利の説明をよく読んで理解していただき、異議のある条項は購入前に関連航空会社に確認していただくようお願いします。航空会社側は、すでに発売した『フライ・イン・フライト』商品の消費者満足度と関連商品の妥当性を再評価し、関連条項を積極的に調整するか、より明確にすることを提案する」と述べた。

「思うままに飛ぶ」で航司の業績は伸びるのか。

2020年の航空部門の業績を振り返ってみると、不振の一途をたどっている業績を救うのは難しいようです。計算によると、2020年、国有三大航空会社の中国国際航空、南方航空、東方航空の合計損失は370億8200万元で、1日の損失は約1億100万元。このうち、南方航空の売上高は925.61億元で、前年同期比40.02%減少した。中国航空は売上高が前年同期比48.96%減となった。東方航空は前年同期比で51.48%減少した。

民間航空専門家の李xiaojin氏はインタビューで、昨年のcovid−19流行の最も深刻な背景の下で、航空部門は、主にユーザーの旅行を奨励するために、航空部門の生存の困難を緩和し、実際には、これらの製品の収入は、コスト支出をカバーすることはできません。また、航空会社の最初のこのような制品は、経験が不足しているため、使用の詳細は頻繁に紛争が発生し、関連のクレーム事件も大きく航空部門の名声に影響しているので、現在、多くの航空部門は、このようなフライト制品の販売を停止しています。

李暁津氏によると、歴史的な観点から見て、航空部門の回復と発展を促進するために、一定の積極的な役割を果たし、航空網の完全性を保証し、同時に旅行者に良質で安価な制品を提供している。航空市場が徐々に回復し、航空輸送力が逼迫し始め、半年前に発売されたこれらの製品が航空部門の利益を確保している。「ハッピーフライトのようなアフターサービス事件に対して、航司はまず誠実経営の態度を持ち、契約要求を誠実に履行しなければならない。第二に、航空司が不可抗力リスクに対応して自救策を行う際、今回の事件から経験と教訓を汲み取る前向きな製品と政策を打ち出すべきだ」と述べた。

チーチーも指摘した。国内の疫病がコントロール可能になりつつある外部環境に直面して、清明休暇から、今後のメーデー休暇、夏休みシーズンなどの旅行需要の回復傾向が比較的はっきりしており、旅行路線の平均運賃は回帰傾向にある。より高い経済的リターンを追求するために、国内航空会社は売却済み株式の交換よりも販売のためにより多くの座席を使用する傾向があります。(アプリ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です