2021年12月2日

“中西部の最初の郡”長沙郡の”ソフトパワー”:町の特性は、村の経済を活性化します

長沙4月6日報道湖南省長沙県は「中西部第一の県」と呼ばれ、2020中国県域経済及び県域総合発展100強ランキングで第4位にランクインした。近年、この「工業強県」は「ソフトパワー」を強化し、県域の特色ある町を強力に建設して都市部と農村部の融合発展を推進し、農村部の経済・社会モデルの発展を促進し、農村部の振興を「スピード化」して高速車線に入る。

「大きな愛の小さな町」開慧鎮:赤い資源を生かして文旅融合を推進

長沙県の最北端に位置する「大愛小鎮」開慧鎮は赤色文化が豊かで、楊開慧と中国共産党初の女性党員である繆伯英の故郷である。毛沢東の恩師である楊昌済、湖湘の女性職業教育家である繆芸可もここから出てきた。ここには全国で最初の農村党支部の一つである楊柳坡党支部もある。

十数年前、開慧鎮は交通が不便で、収入が一般的に低い農業の町で、「山青水は秀ではなく、ゴミだらけ」はその時の真の描写です。

“仕事を赤色の記事を通じて、赤色の観光活性化緑色の村、オレンジ色の教育、ブルー航空、” 4つの色”産業の発展は活力があり、成功的な農村を実現するためには、お金を稼ぐ農業、農民の仕事があります。開慧鎮党委書記の李坤明氏によると、開慧鎮は全国の赤い研究旅行の目的地になった。

レッド観光に頼って、町は会社を誘致して民宿リゾート産業を開発し、「民宿+国際キャンプ基地」「民宿+田園養生基地」「民宿+科学研究基地」を作り、民宿経済で村の振興を導く「慧潤モデル」を模索している。

「このモデルは政府の支援と指導を受けて、観光大手企業が村の集団を誘致し、農家が参加する共有経済モデルで、村の観光業の発展を推進すると同時に、村の集団経済の拡大と農民の増収を促進した。」李教授によると、開氏はこの基盤の上で引き続き「ハイエンド民宿」や「デジタル民宿」などの新しいモデルを模索し、社会資本投資を導入して子供食堂、ルービックキューブ農場などの支援研究プロジェクトを新設した。

「赤い観光」を活用して、開慧鎮は「一果一茶一民宿」を中心にグリーン産業を発展させており、すでに特色ある小さな果物の栽培基地1万余ムーを育成し、宝石の赤い桃、米国のブラウン・リー、杨梅などの果物品種20種余りを育成している。消費需要のアップグレードを追う低高度観光産業など、新しい特色のある産業も台頭している。

開慧鎮は国家級生態郷鎮、全国十佳康養小鎮、湖南省の特色ある文旅小鎮などの栄誉を獲得した。「結合开き慧故里国家5 a級の観光スポットを創設し、我々はさらに赤い游と緑の生態文化体験の最適化休闲游製品構造のため、有効全域の観光資源を統廃合し、実現の予想は2022年まで300まん万人超、観光観光産業の深さが融合し、他の業種の実現を作る観光ブランドと赤いの国际化のプロセス、赤い観光産業を优。」李検査は明らかにした。

田漢故里果樹園鎮:深耕田漢文化湖南文旅団産業の高地を作る

長沙県果樹園鎮は愛国歌、劇作家の田漢さんの故郷、正建設を通じて田漢芸術町、文旅団産業発展を全羅道にサンプルと高地。

田漢は複製できない文化資源である。”深耕田漢文化、演劇の特性を発掘する”田漢芸術の町の建設の核心と魂になります。町はすでに田漢生誕120周年記念シンポジウム、演劇週間、「田漢故里好家風」書画展など田漢文化シリーズの活働を開催しており、「田漢の生涯」「田漢画帖」などの文化商品を出版し、町のブランド力を高めている。

2019年、田漢文化園観光区は国家aaaa級景勝地の創設に成功し、「湖南省長沙県果樹園鎮:田漢農村演劇芸術祭」は2019年の「中国農民豊作祭」100の農村文化イベントに選ばれた。町はまた大衆の中に演劇文化の肥沃な土壌を育成し、「小戯骨」教室を継続して展開し、現在180人以上の学生が訓練に参加している。

「田漢さんは偉大な劇作家、であり、愛国歌は、この一つの文化资源は果樹園鎮ならではの、町も田漢芸術建設が優れ、深く掘った。」果樹園鎮の党委员会书记郭贺亭と、田漢芸術町レイアウトた田漢文化院の占拠座り込みと演劇文化院の占拠座り込みの二大プロジェクトは、田漢文化院の占拠座り込み、国歌の精神は、愛国主義研学の重要なメディアだけ;演劇文化園は田漢演劇芸術を観光体験に活性化させる重要なプラットフォームだ。

湖南省の特色ある文旅の小さな町の中で、田漢芸術小町は省都都市群の千万人級の人口に隣接する市場の底があるだけでなく、国際空港、自由貿易区と十分にドッキングすることができ、経済活性化の経開区と緊密につながっている。

「田漢芸術小町は交通条件が優れていて、観光資源が豊富で、観光集積効果が徐々に形成されています。」湖南省政協委員の王賢球氏は、旅行会社の資源と観光サービス資源を統合し、田漢芸術の町を地方からの観光客が湖南観光に入る集散地と中継地として建設し、観光客がここで愛国主義教育を受け、湖湖南民俗文化を体験できるようにすることを提案した。「政府主導、市場運営を通じて、田漢国際演劇フェスティバルの開催を常態化し、全国的にも国際的にも影響力のある重要なフェスティバルにするために努力することもできます。」

「緑茶の町」金井、「一枚の葉」で一・二・三産業融合を推進

長沙県の農業大鎮金井鎮は、全国文明鎮、国家級生態鎮、湖南省茶専門郷鎮であり、緑茶の製造技術は省級無形文化遺産に登録されている。金井茶は伝統的特色を維持するだけでなく、有機栽培、さらに机械化、知能化を実現し、茶旅の融合特色産業化の道を形成した。

金井鎮劉淇党委員、副鎮のソン・ジャンイクべき徳を紹介し、町を集中的に優位を特色産業の発展を、緑茶を作る産業の「ブランド、品質、品位」「品物」のアイデアを、加速茶園の连片提質面、拡大実施を入れて砂浜—金竜—観佳—浦項塘—農裕の「緑茶廊の帯」と、提质を改造観光路線プロジェクトを続け、123産業融合。

湖南金井茶業有限公司を例にとると、この長沙県の最も古い集団所有制郷鎮企業の一つが、制造、転換、グレードアップの過程を経て、茶を栽培し、茶を摘み、茶を制造する伝統的な会社から、真有机、汚染のないグリーン生態系企業に成長し、レジャー、観光サービスを提供している。

「金井茶園では親孝行茶作り、茶芸公演などの茶文化観光と親子観光が人気です。茶文化をテーマにした茶旅融合産業モデル園を造成した」と話した。金井茶業の周長樹董事長によると、金井茶工場は一二三産業の融合発展モデル団地を作り、10万ムーの茶畑を受注し、6万人の農家をリードし、生産金額5億元を達成し、「浙江省には龍井があり、湖南省には金井がある」という。

金井鎮湘豊茶業グループは、茶摘み、製茶、飲茶などの体験活働と観光観光、文化観光を一体化した産学研モデルを構筑し、産地を景勝地、茶園を公園に変えた。「私たちは湘豊茶博園を中心に、3キロ四方で、茶園、虎園、庭園、果樹園がお互いに利益を得て、湘豊茶業荘園は国家4 a級の景勝地、国家レベルの観光休暇モデル地区を作り、農村の振興を支援しています。」同グループ副総経理の程孝は言う。

現在、金井鎮には3万ムーの茶基地があり、年間生産量は1万5000トン、2020年の総生産額は16億元に達し、茶の栽培、生産、販売に従事する人員は約2万2000人に上る。「金井は茶業の生産基地だけでなく、各要素を連結して全域の観光を構筑し、独特な農文旅行の経済発展の道を出た。」金井町党委員会の劉智平書記によると、同市は2024年に茶産業の生産額が35億元に達し、町全体の農業生産額の60%以上を占め、また緑茶産業を基盤に観光産業の発展をリードし、年間120万人以上の観光客を受け入れ、観光総生産額が1億元以上になるよう努力している。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です