2021年10月25日

京津冀一体化推進文旅融合清明休暇天津地方観光客中京冀が7割以上を占める

天津4月6日北京・天津・河北省の一体化が推進中の三地・文・旅の融合。天津市文化観光局が6日に明らかにしたところによると、調査統計によると、連休期間中、天津市は延べ214.7万人の観光客を受け入れた。このうち外地からの観光客は74万8000人で、京冀両地の周辺観光が7割以上を占めている。

清明節祝日期間中、天津市の各烈士陵園、革命記念場所では人の流れが絶えず、各赤い観光地では観光客の受付量が明らかに増加した。有名人の旧居の背後の歴史を深く掘り下げ、赤い物語を語り、新しい観光ルートを打ち出した五大道だけでも、一日平均の観光客は延べ3万人に達する。

民俗文化と自然生態ツアーが求められている。5 a級景勝地盤山では第17回盤山縁日を開催し、市民、観光客に中華文明を感じさせ、民俗風情を体験させる。西里では、天津の歴史文化の特色を持つ様々な手工芸品と組み合わさった古典的な建筑群が人気のスポットとなっている。5 a級景勝地古文化街と楊柳青古鎮は非遺伝承承と清明節を結合し、市民、観光客は茶湯、熟梨餅などの特色ある伝統的な軽食を味わうことができ、天后宮、石家大院などの民俗観光地を訪れ、砂糖人間、年画制作を体験することができる。

文化レジャーが流行しつつある。天津博物館は「あなた・天博に出会う」特色ある文化体験を展開し、文物鑑賞と手を使った体験を結びつけている。天津美術館は「私たちの祝日——国画の中の清明」の活動を組織して、国画の創作の形で、観客に清明の祝日の伝統と文化の内包を理解させます。天津歌舞劇院はファンの皆様に交響音楽会「偉大な祖国」を持ってきて、有名な指揮者李彪、青年ピアニスト万捷たおやかなどの多くの芸術家が技巧と愛情深い解釈で、観客の拍手を得ました。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です