2021年10月25日

今年第1四半期合肥の中央ヨーロッパの列列は108列で前年同期比で3割以上増加した

合肥4月6日付の6日、国際陆港合肥によると、今年1四半期、合肥中欧班列満軸を続け、満载、運行をフルに、正月の闭店、休みない停发、切実兑现率計画を保障し、計108列ごとに、同33.3%増、高货值班列ローカライズカスタム班列ごとの質と、再度引き上げる運行規模革新高。

注目すべきは、3月5日から6日、合肥中央ヨーロッパの列車は加速を成功させ、24時間以内に連続して4列車を出し、それぞれドイツ、ロシア、カザフスタン、ウズベキスタンに向けて出発し、本土の貨物の割合は50%を超える。

紹介によると、今年1月末から2月初めにかけて、合肥中央ヨーロッパの列車は相次いで2本の新路線を開設し、絶えず路線網を密にしている。このうち、1月31日、100箱の貨物を満載した合肥中欧の定期列車は成功裏にプラハに出発し、貨物は約510万ドル、貨物重量は590トン余りを輸送し、合肥北-ホルゴス-チェコのプラハ路線を開拓した。安徽省本土で生産された白物家電と防疫物資を満載した合肥国際鉄海連運の定期列車は2月1日、フィンランドのヘルシンキ港を中継拠点とし、貨物をハンブルクに振り分け、合肥北-フィンランドのヘルシンキ-ドイツのハンブルクの路線を開設した。

ほか、今年2月4日、合肥国際業務陆港曲のペンをつづる箱に着地し、3つの防疫物資をいっぱい40尺のコンテナの箱を一生操作、自営の倉庫で終え、これ、国際貨物を総合的に有利、全プロセス、物流運送案を切実に最適化し、中小企業製品の外出のセットサービス贸易を探索してきた中部欧州班列事業多角化発展モデルだ。

今年3月下旬、合肥国際陸港は宅配便の出航を推進し、中国速達、順豊、申通、円通、韻達など8社の宅配企業と座談交流を行い、中国・euの定期便+郵便、中国・euの定期便+電子商取引の新たな協力を積極的に模索することを推進しているという。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です