2021年9月21日

保険苦情の増加は業界の頑固さを際立たせている。

保険クレームの増加は業界の頑固な病気を強調しています。

最近、中国銀保監会消費者権益保護局は2020年第4四半期の保険消費クレーム状況を通報しました。通達によると、2020年第4四半期に、銀保監システムは全部で保険会社に関連する保険の消費クレームを受け取りました。26688件を移送しました。同22.82%増です。その中で、財産保険会社と人身保険会社のクレームに関わる割合は大体同じです。クレームが多い企業の中には、保険、太平洋財テク、平安生命など有名な保険会社が少なくないです。

財産保険の分野では、クレームクレームはずっと高止まりしています。クレーム処理のトラブルの中で、財産保険の大部分を占める車の保険はずっとクレームのひどい被災地です。例えば、保険責任の認定が不合理で、確定損失金額の論争、クレームの時効が遅いなどです。さらに、保険に入る時は「甘い」という消費者の突っ込みもあります。賠償請求をする時は、見られない「牛夫人」になります。

昨年オープンした自動車保険の総合改革は、保障責任の向上、追加の保険種の合併、保険料の低減などを含み、自動車保険の健全な発展のための強固な基礎を築きました。しかし、長期的に見れば、クレーム処理の一環で発生した大量のクレームは、依然として監督部門が持続的に関心を持ち、関連政策をタイムリーに打ち出して、調査と賠償処理の一環と確定基準を規範化してこそ、消費者の合法的権益を確実に維持し、契約のトラブルを避けることができる。

人身保険の分野では、販売紛争が矢面に立っている。保険代理人は販売過程で「利益を誇張する」「期限をごまかす」「販売停止を宣伝する」などの問題を消費者に非難してきた。「口を開けて売れば、安全を守って逃げられない」というのは、多くの消費者が保険に加入した後の真実の描写です。これらの問題を解決するには、高素質の保険代理人チームを作ることが中心です。人身保険の販売の主力軍として、去年保険代理人は人身保険の半分以上の保険料収入に貢献しました。保険知識の普及、科学的な保険理念の確立にも大きな貢献をしました。製品の端から見れば、人身保険商品の保障期限は二三十年から終身まで多く、代理人が消耗品の販売策略を使えば、ハンマーで商売するのは難しいです。本当にお客様の立場に立って、「付保+付き添う」方式で人身保険を担当してこそ、消費者の苦情を根本的に減らして、人身保険の健康発展を促進することができます。

注意すべきなのは、ここ2年の保険消費者の苦情を整理して、一部の小さい会社は苦情の掲示の“常連”になって、特にインターネットの保険会社、健康保険会社の苦情の量は引き続き上昇しています。「オフラインにはネットがなく、付保はリンクによる」というのはこれらの会社が直面している真実の状況です。加えて、これらの企業はオンラインチャネルのマーケティングに焦点を当てて、急速に増加したユーザー規模は「両刃の剣」となり、業績を美化すると同時に、隠れた危険をも埋めました。

オンライン発展は運営コストを低減し、消費者にも便利であるが、製品の設計と付保プロセスの規範は更に危険企業発展の基礎である。銀保監会はこれまで、インターネット保険の販売行為を遡及管理し、消費者の知る権利、自主選択権、公正取引権をさらに保障するよう要求してきた。事業の上昇期にあるインターネット保険会社と健康保険会社は短期保険商品が多く、顧客の流動性が高く、安定性が悪いです。しかし、このように「エッジボール」だけではなく、安価とギャグで市場を混乱させてはいけません。お客様の声に耳を傾け、製品の設計とサービスを改善し、コンプライアンスの要求をしっかりと行うこそ、発展の正道である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です