2021年6月14日

国家郵便局:4月から宅急便の過剰包装特別管理を開始

北京4月6日中国国家郵便局は6日、4月に過剰包装に関する特別管理を正式にスタートさせ、1年間の時間をかけて過剰包装などの違法違反行為を効果的に抑制し、過剰包装を防止する長期効果的な作業メカニズムを初期構築すると発表した。

2020年の中国の宅配業務量は830億件を超える。宅急便の非環境問題は、小包の過剰包装、使用材料が非環境、包装物がリサイクルされていないことなどに顕著に表れている。3月12日、中国交通運輸部が発表した「郵便物の包装管理方法」が正式に施行された。

は6日に行われた国家郵政局2四半期の定例ブリーフィングで、市場监管司国家郵政局副局長が解読管爱光『メール今包装管理方法』で、この「方法」は国内初の宅配包装支配の目的部門の規制については、メールをめぐる今どんなバッグ、どうバッグ、どうやって管の3つの問題は、制度のデザインと条項の内容を明確にした。

『方法』は包装の選択の要求と原則を明確にし、配送業者は包装管理制度を厳格に執行し、国の規定に合った包装を購入して使用し、再使用可能でリサイクルしやすい包装を優先的に采用し、郵便物の包装を最適化し、包装の使用を減らすことを規定している。

『方法』は使い捨てプラスチック制品の代替、包装物中の重金属含有量とベンゼン系溶剤残留管理などの問題について、企業責任を明確にし、元の管理を強化する。

知るところによれば、2021年、国家、郵便局の「2582」を実施する工事を重金属や特定物質基準はしみじみと过剰包装目的の支配、目指す末が循環宅配箱(ボックス)の使用量は500まん万個、電商今もう二回包装率は80%にのぼり、新たに2まんの廃弃物回収装置の設置基準包装郵政宅配牌。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です