2021年10月23日

清明休暇の山西観光は46億元を超える観光収入を収め、2019年同期の水準をやや上回った

太原4月6日:2021年清明休暇、山西文化観光市場の高速回復は、観光客の小さなピークを迎える。山西省文化観光庁が6日に明らかにしたところによると、清明休暇期間に同省は延べ893万80人の国内観光客を受け入れ、2019年同期の92.65%に回復した。観光総収入は46億7200万元で、前年同期比26.85%増となり、2019年同期の水準をやや上回った。

山西省観光ビッグデータ共同実験室の特別調査によると、清明期間中、家族と親子の旅行タイプの割合は62%に達し、次いで友人との旅行とカップルの旅行がそれぞれ22%、12%だった。清明期間中に文化施設を訪れた観光客の73.61%のうち、文化施設を訪れた観光客の66.98%が博物館を訪れた。

赤い観光ブーム。清明休暇期間に、山西省は赤色観光テーマの活働とルートをいくつか発表し、多くの観光客に烈士を追悼し、赤色の精神を伝承させた。山西博物館は「革命烈士を記憶し、赤い物語を語る」清明節のテーマ活働を展開し、博物館の説明と舞台芸術、情景再現が一体となって、良い革命の物語を語り、良い赤の精神を伝承する。

大同市の平型関大捷記念館、大同炭鉱「万人坑」遺迹記念館、大泉山革命教育基地、赤色記憶館、革命烈士陵園などの赤色観光地(観光地)の観覧客も大幅に増加した。平型関大捷記念館では、読読、講演、展示などのテーマ活動を開き、幅広い観光客に抗戦精神、革命精神を十分に感じさせる。4月3日と4日の2日間、平型関記念館は全国各地から延べ17960人の観光客を迎え、2019年清明時期の97.08%に回復した。

花見は経済効果がある。清明休み、山西省文化や観光庁の発表の「游山西・歴史を読み、山河春」の10大春花テーマ捕りに起こらないテーマで髪に、オーディション省内の各地の豊かな春の花に、網の赤い捕りにと田舎の観光などの資源を形成に覆われたオーディションの11の市62のハルヒ、思春期のテーマを捕り、省内外客には中国人の「文明」のとともに、体験もできる赏春、花の匂い、游春景、品(しゅん食を全面的に体感山西春の「色、香、味」。

清明の休日、山西省の文化施設や観光スポットは、伝統文化をテーマにした多彩なシリーズイベントを開催した。洪洞県大エンジュ樹景区は「華夏根祖聖地・幸福実家洪洞」をテーマに第31回大エンジュ樹文化祭を開催する。雁門関景区は古代の踏青の風景を復元して、観光客に伝統的な踏青娯楽の楽しさを体験させます;忻州の古代都市は、”日清気朗、古代都市は、”テーマは、押韻書道展、民俗展示会、オペラ公演などの活働シリーズを展開し、豊富な古代都市の観光文化体験。

4月5日16時までに、山西省文化市場の苦情申告処理機関は26件の問い合わせ電話を受け、4件の観光苦情を受け付けている。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です