2022年1月28日

第104回春季全国糖酒会はまもなく開催中糧名庄薈盛ディーラーを成都に集めた

4月6日第104回春季全国糖酒商品交易会は4月7日-9日に開催され、この時全国からの出展者が蓉城に集まった。4月5日、中国輸入酒のリーダー企業である中糧名庄薈株は「謀定御変立潮頭、勢威敢えて為啓新程」をテーマに、成都ヒルトンホテルで年次ディーラー総会を開催した。

中糧名庄薈国際酒業党委書記、総経理の焦国強氏は会議でテーマ報告を行った。報告書によると、名庄薈社は「第13次五カ年規画」期間中、発展速度が輸入酒業界の成長率を上回り、5年複合成長率23%の好成績で見事に成功した。「強力なサプライチェーンシステム、オムニチャネルネットワークアーキテクチャ」の優位性を強化し、「輸入酒業界のリーダー企業としての地位」をさらに強固にした。「十四五」の見通しは、マクロ環境に目を向けて、中国経済のプラス成長の好調ぶりが、中国市場を刺激し、巨大な消費潜在力を放出させる。デジタル経済の発展と内循環は消費エネルギーを加速させ、中国経済に強力な動力を提供し、消費のアップグレードは新たな発展のチャンスを迎えるだろう。

それによると、中国でのワイン消費の見通しは巨大で、増量は可能で、白酒業界の集中度は年々向上し、特に醤酒市場規模は拡大し続けている。消費のアップグレードの下の新しい機会を控え、荘する中粮人は専攻の自信や能力を取り出し、依存する「高純資産圈层マーケティング能力、製品のブランドマーケティング能力、デジタル建設運営能力」の3大核心能力を補完し、全品目レイアウトを続け、エンジンがあまり発力、輸入ワインの核心的地位を保ちつつも、安焼酎成長強気をつかまえて、同時にフォーカス仰人気ブランド、実現式の発展を突破。核心ルートに焦点を合わせて、チェーン新小売及び優商v酒庫を全面的に実現して、絶えず名庄薈商号ブランド釈能を駆動します。

大会期間中、中糧酒業党委員会副書記、副総経理の徐菲氏も上級指導企業として中糧名庄薈釣社大会でスピーチを行った。彼女のあいさつで、「2020年、中粮人荘covid−19で発生する事業に住んでた、初夏の国際情勢や業種に入ったり期による三重の厳しい試練、各種業務を进む、勝利し、強い根性と大きな潜在力を見せて、人をも越え变局荘する対応の能力と商業周期の長期的な眼目である。「十四、五」期間中、中糧名荘は勢勢を集めて能を授けるべきで、全力を挙げて会社の核心能力を持続的に作り上げ、向上させ、新しい発展構造の要求にもっと適応し、高品質の発展を実現する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。