2021年12月2日

要求通りに完成しなかった修正工手紙部下は60種類のユーザー権益侵害アプリを提出した

4月6日工信省のホームページによると、工信省は6日「ユーザー権益侵害アプリリストの削除に関する通達」を発表し、工信省の要求通りに修正を完了していない60種類のアプリを削除すると通知した。

2021年3月11日、工信部はユーザーの権益を侵害する行為があるアプリ企業136社のリストを社会に通知した。これまでに、第三者の検査機関による検証と再検査を経て、工業情報部の要求に応じて修正を完了していないアプリが53種ある。浙江省通信管理局が検査したところ、7つのアプリがまだ改善されていないことが分かった。

通報によると、「インターネット保安法」や「モバイルスマート端末用アプリケーションの事前設定と配布管理暫定規定」(工信部信管〔2016〕407号)などの法律や規範的な文書の要求に基づき、工信部はこれら60種類のアプリを廃止する方針だ。該当アプリストアは、本通知が発表された時点で、リストに含まれているアプリケーションソフトウェアを速やかに削除する。

工業と情報化部門のアプリケーションリスト

浙江省通信管理局が棚から下ろしたアプリケーションのリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です