2021年12月3日

農業農村の汚染対策、攻堅戦実施の成果を評価、陝西省が「優秀」を受賞

陝西省4月6日陝西省農業農村庁が6日に伝えたところによると、全国土壌汚染防止部際調整小組弁公室はこのほど、農業・農村汚染対策攻略戦の実施実績評価状況を発表し、陝西省が「優秀」を受賞した。

近年、陝西省は総合的な汚染対策を中心に、農業と農村の汚染対策を浄土防衛戦と農村居住環境の重点作業の配置配置、たゆまぬ努力を経て、農業と農村の汚染対策は積極的な効果を収めた。

と、陝西オーディションプランテーション污染、持続的な推進は鄠邑など12の県(区)に肥料を减量保存テスト試験、主要作物の土をはかる调合肥料技術水準の90%以上、31の果、パスタにグリーンcdcモデルの構築、グリーンcdc被覆が42.69%、展開重点县麦藁総合建設事業を利用し、総合利用率は91.3%にのぼり、麦藁农膜リサイクルテスト試験を実施し、回収农膜利用率が85.3%以上だ。

また、陝西省は畜糞汚泥の資源化利用を継続的に強化し、畜糞汚泥の総合利用率は89.1%に達し、規模の養殖場汚泥処理施設の装備の調達率は98.8%に達し、大型規模の養殖場汚泥処理施設の装備の調達率は100%に達した。水生野生動物資源の保護に力を入れ、禁漁「百日訪問」と長江流域の違法漁獲高水域の第1回同期パトロール法執行検査を実施し、経済魚432万尾の増殖放流を累計で行い、オオサンショウウオ1万2000尾を放流し、絶滅危惧種が保護され、種数が著しく増加した。

調査によると、陝西省農村の居住環境は持続的に改善し、4676カ所の行政村の農村生活排水を効果的に処理し、1万8000カ所の農村ゴミ収集ポイントを建設し、1400台余りのゴミ収集中継車を配備し、20万カ所余りのゴミを整理し、農村生活ゴミの収集と処理システムがカバーする行政村の割合は93.96%に達した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です