2022年1月28日

鉄道上海駅清明小連休発送客163万5000人、前年同期比95%以上回復

4月6日、4月6日、上海から鉄道え(间置かれえ、上海の南駅、上海虹桥に立って、上海西駅、古い南へ飛んで行って、古い安亭安亭西駅、下はえ)によると、4月の2から4月5日まで、清明小连休中、鉄道輸送期間を譲っ累積観光客163.5まん人を送って、乗客まで回復疫学前同期の95%以上を(と、2019年同期対比)。このうち、4月3日の発送客は59万1千人で、同駅の一日発送客数史上最高値に近い。

旅客最愛の需要を満たすために清明小连休中輸送期間に、えき、回復の各図定列車ごとの土台の上で、年の列車は139本、旅客運送首脳期間の武装組織労働者、ボランティア、部隊の将兵など社会各界の力、进站口、改札口の強化、ホームなど処の誘導やサービス、旅客運送の安全と安定の秩序を確保した。

2020年に開通する蘇北新線の旅客は、今回の清明の小連休中に解放された。清明小連休4日間、駅から蘇北地区の旅客は延べ18万0千人、一日平均4.5万人。最高日の4月2日、蘇北駅の一日の旅客数は6.5万人に達し、旅客の蘇北地区への移動に便宜をもたらした。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。