2021年10月23日

銀保監会:自動車保険の総合改革後89%の保険契約書の保険料が下がりました。

銀保監会:自動車保険の総合改革後89%の保険契約書の保険料が下がりました。

北京4月6日、銀保監会によると、2020年9月19日の自動車保険総合改革実施以来、自動車保険市場は全体的に安定している。

データによると、改革実施半年以来、89%の保険契約書の保険料は減少し、そのうち保険料の減少幅は30%を超える保険料の比率は64%に達した。三責保険の平均保険額は改革前の89万元から133万元に引き上げられた。

銀保監会の関連責任者によると、自動車保険の総合改革が実施されて以来、保険市場にもいくつかの新たな状況、新たな問題が発生しました。銀保監会は10個の銀保監局を組織し、5つの主要な財政保険法人機構の12つの省レベルの支店機構に対して標的検査を実施する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です