2021年12月2日

31倍も急騰した国産靴が脱げた?中古取引所にはまだ4万円を超える出品者がいます

4月6日「限定モデル」スニーカー価格が暴騰、一夜にして「靴炒め」ブームが巻き起こった。最近、国産靴の価格操作が話題となっている。清明の小連休期間中、「国産靴が靴屋に操作され、値段が急騰した」と、微博(ウェイボー)で話題になっている。

中国証券報によると、「得物」アプリで検索すると、「李寧韋徳之道4オールスター銀白モデル」の場合、42ヤードしかなく、支払いから7日以内に入荷され、価格は48889元にもなる。この靴の参考販売価格はわずか1499元、上げ幅は31倍に達します!

6日朝、アプリの公式ツイッターに物が最近発表声明を個別靴モデルの価格変動の状況、網伝図での3機種シューズに及んで、すなわち李宁ウェイドの道はオールスターほんの項4、李宁ウェイド道7 wow7 theモーメントを限定モデルピンクのモデルと安踏ドラえもん連名レジャー板鞋白黒項は、この三項シューズの価格设定がプラットフォームの売り手個人、かつ、売り手の価格设定で無ディーラーされたりしが極めてバイヤーで取り引きされた。現在、これら3モデルのうち、販売者の価格変動が激しいスニーカーについては、販売中止処分を行っている。

靴の取引プラットフォーム「得物」「識貨」「nice」をそれぞれ検索してみると、上記の31倍の上げ幅を記録した靴「李寧威徳之道4オールスターシルバーモデル」はすでに店頭から消えているか、すべてのサイズに在庫がないことが分かった。

淘宝、京東で「李寧韋徳之道4オールスター銀白款」というキーワードを検索すると、淘宝は「関連宝宝が見つかりません」と表示し、京東は該当靴の種類を表示しません。

ところが、閑魚アプリで「網の中の魚」を見つけた。深圳のある売り手が発表した情報によると、李寧韋徳の道は45.5ヤードの4asgオールスターが18000元で販売されている。また、43サイズのスニーカーを1万1000元で販売すると発表した。注目すべきは、閑魚には靴が海外にあると主張する販売者もおり、価格は4万4444元となっていることだ。しかし、その売り手もコピーに「定価は定価ではありません」と書いていて、意図的にリンクを張るようにしています。この記事の時点で、この売り手は、実際の価格についてのプライベートチャットに応じていません。

「李寧威徳の道4オールスターシルバーモデル」なぜ高いのか。2016年2月21日と22日に、李寧が公式限定で発売した。それぞれに固有のコードがついている。

最近、国産スニーカーが話題になっている。多くのネットユーザーはこのような行為を理解していないとし、「居奇を買い占めたりするのが一番面倒だ。靴は骨董品でもなく、履くものだ」「靴を炒める理由がずっと分からない。一つのモデルを設計してどれだけの足を生産してもメーカーが言う。「ついでに買わないの?」「売り売りは需給関係の微妙なバランスを取って差益を得ている」という指摘もある。

中南財経政法大学デジタル金融研究院の盤和林執行院長は、根本的に、今回の特定靴の希少性は「靴屋」が二次市場を独占したためであり、商人が次の出荷を開始すれば、市場における需給の矛盾はかなり緩和されるだろうと述べた。このような「靴を焼く風」に対しては、消費者はやはり理性的に見る必要があり、このような「人為的に作られた」希少性にお金を払わないようにする必要があると彼は考えている。

このような現象について、弁護士の岳シェン山氏は、靴を炒めることは太鼓を叩いて花を運ぶようなもので、リスクが大きいと指摘した。靴屋同士が談合して市場価格を操作、価格法違反などの疑い。靴は履くもので,炒めるものではない。皆に理性的に見て,風に従ってはいけないと促す。監督当局も監視を強化し、介入する時は介入しなければならない。(アプリ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です