2021年6月14日

sap中華圏副総裁の彭俊松氏を特別取材:産業インターネットの最後の1キロに向けて前進

(中国への投資)sap中華圏副総裁の彭俊松氏を特別取材:工業インターネットの最後の1キロに向けて前進

北京4月6日問題:sap中華圏副総裁の彭俊松氏を取材:産業インターネットの最後の1キロに向けて前進

「今日の時点で見ると、インダストリアル・インターネットのセル技術はほぼ成熟しており、現在は最後の1キロに向けて前進するボトルネックの段階にある。」sap中華圏副総裁の彭俊松氏は最近のインタビューで次のように述べた。

世界最大のアプリケーションソフトウェアベンダーであるsapは、デジタル化とインダストリアル・インターネット技術により、情報化アーキテクチャからデジタルアーキテクチャへの移行を完了し、複雑な企業アーキテクチャの下で完全なバリューチェーンの閉ループ管理を実現しました。この流行の間、中国企業のデジタル化ニーズは著しく高まり、sapは多くの中国の顧客にサービスを提供した。

彭氏は、今回の感染症は多くの企業がデジタル化建設に多くの不足があることを示していると指摘した。

彭氏によると、大流行の下で、多くの企業が本能的に反応するのは、遠隔会議や遠隔トレーニングなどの基本的なデジタル化方式によって人とプロセスを結びつけることだという。しかし、企業全体の動きはそれだけではなく、大量のデジタル事業を展開し、デジタル技術で生産を回復し、販売を促進する必要があり、これまでのデジタル投資にはまだまだ不足があり、多くの問題が顕現されています。また、中国エリアでも同様に、世界的にデジタル化のニーズが高まっています。

中国工業インターネットの発展状況はどうですか?

過去数年間、中国政府が努力を惜しみなく推進した結果、産業インターネットは今や高速道路に進入したと彭俊松氏はみなしている。

彭俊松氏によると、昨年までに中国のインダストリアル・インターネットの平台数台数は500台を超え、世界で最も多い。このような背景のもと、5 g技術や汎用技術の発達とあいまって、中国の今回のインダストリアルインターネットは、デジタル技術と産業の融合を実現しています。

彭俊松氏は次のように紹介した。現在の工業用インターネットは大量の設備接続、ネットワーク技術の応用段階にあり、それ以前は工業用のモノのインターネットのようで、モノの接続性を強調していた。今後、より多くの企業が使用に入るにつれて、インダストリアル・インターネットは、モノのデータに基づいて、より多くの有用で、価値のある情報を生産し、産業全体のアップストリームのチェーンを相互に接続し、物理産業のモデル転換とアップグレードをリードします。

「これこそインダストリアル・インターネットの真の意味だ」彭俊松はこう言った。

彭氏は次のように語った。中国のインダストリアル・インターネットは前期に非常に良いインフラ建設を行い、次は実体経済のモデル転換とアップグレードを真に助ける応用期で、今日という時点はちょうど前半と後半の間の転換点だ。

彭俊松教授によると、セル技術の面では、データの収集、保存、分析アルゴリズムなどはすでに基本的に成熟しており、現在、産業インターネットは最後の1キロに進むボトルネックの段階にある。

すべての工業製品や産業機器がクラウド化され、独自の産業用iotプラットフォームが構築され、it (information technology)やot (operation technology)の垣根や境界が徐々に消えつつあると指摘しています。企業にとっては、さまざまなプラットフォームに直面して、統一的なスマート化工場を設立してスマート化改造を行うには、さまざまな異なる設備を理解する必要があり、特にit、ot融合に伴い、統合する必要があり、考慮する必要が多くなりました。

彭俊松氏の見解では、プラットフォーム相互間の接続は、企業やプロジェクトだけで実現するのではなく、社会や産業の力で推進し、解決する必要がある。いかに低コスト、低リスクの方式でプラットフォームの相互接続を実現するかは、工業インターネットが最後の1キロに向けて進むべき課題だ。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です