2021年12月2日

二輪車市場のハローに「車作り」の風が吹いて電気自動車の製造を宣言した

北京4月7日報道ハイテク大手のクロスオーバー車製造が盛んで、四輪市場に比べて二輪電気自動車業界はやや低調で、注目を集めることも少ない。7日、ハロー行は突然車を作ると発表したが、車ではなく二輪の電気自動車だ。

ハローはa80(妖精)、a86(チューリング)、b80(魔霊)の3大モデルを発表した。このうちハローa80(妖精)vvsmart青春版は3999元から。ハローはまた、電気自動車2輪製品に適用できる「vvsmart」というハイパーコネクテッドカーシステムを発表した。

ハイos、ハイパワー、ハイセーフティ、ハイサービス、ハイライフの5つの走行ソリューションを含んでおり、消費者が人と車のインタラクション、車両エネルギー、車両安全、アフターサービス、走行生活の5つの分野で直面した問題点を改善し、携帯電話と電気二輪車の超接続を実現している。

使用時には、携帯電話と車と機械の相互接続ができた后、携帯電話は車と機械の生態補充、計算力補充として、共同消費者のためにより良い体験をもたらすべきです;ホスト状態では、車から離れた後も携帯電話を携帯し、車外のサービスには携帯電話が対応し続ける。

言及する価値があるのは、安全面では、ハローバイクは携帯電話のアプリやテキストメッセージの同期バッテリー、車両追跡などの早期警報を介して、”元の電気自動車はバッテリーを盗まれる恐れがあり、ハローバイクは、バッテリーの位置を見つけることができるため、恐れていません。”

公開データによると、国内で一日に二輪で移動する回数は10億人を超え、電気自転車とオートバイの保有量は4億人に達し、毎年4600万の増量がある。二輪車は国民の80%が好む交通手段だ。これがハローが二輪電気自動車市場に進出した最も直接的な理由だという。

また、中信証券は、中国のスマートカー販売規模が2025年までに700万台に達すると予測している。自働車インテリジェント化のキャリアとして、自働車業界の標準となっている自働車システムは、自働車本体メーカーが自働車モデルに合わせた自働車システムを発売しただけでなく、メガテック企業も自働車システムの開発に拍車をかけています。

hello電気自動車は、hello vvsmartシステムを自社製品に適用するだけでなく、業界の他のブランドや他の業界にも開放すると明らかにした。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です