2022年1月28日

雄安は「受電即弁」事務所を設立し、疎開企業にフルサイクルサービスを提供する

国家電網雄安新区電電公司は4月7日、「電力を取得したらすぐに」事務室を設立し、「国家電網雄安新区電電公司は電力を取得したらすぐに仕事方案」を発表した。これにより、雄安新区のすべての解消企業、建設に参加した企業、重点プロジェクトに全サイクルの「ラム式」サービスを提供する。

绍介によると、この「電力すぐ班」を北京事務所の負担は全面的にドッキング非首都機能疏解と雄安ニュータウン事業建設任務の単位およびニュータウン関連重点プロジェクトは、电力线が改移転、工事の電源保障、スマート・グリードの计画を支え、ユーザーの電力事情が付帯し、顧客サービスなどの5つの面で、支える保障提供。

電気線路の移転については、迅速な情報収集、迅速な外部連携、迅速な内部対応の「3つの迅速」によって、移転作業を迅速にスタートさせ、予定通りに完了させることができました。

工事の電源保障において、同事務所は需要需要と開発タイミングを総合的に考慮し、電気接続と線路移転を総合的に推進し、市場開拓とサービス保障を総合的に計画する「3つの総合計画」によって、「電力先行」を実現し、工事の電力をより時間、労力、節約にする。

グリッド計画のサポートの面では、プロジェクト設計とグリッド計画の共同落位、区画建設と配電網建設の共同推進、ユーザー側と配電網側の電力工事の共同協力という「3つの協同」を通じて、申告手続きの迅速な処理、プロジェクト建設の迅速な推進、ユーザープロジェクトの迅速な電力使用を保障している。

ユーザーの電力支援の面では、プロジェクト建設の保障、正式な給電準備、充電施設の「3つの先導」を通じて、プロジェクト用電力を「一日も無駄にしない」こと、電力設備の高品質なネットワーク接続を保障し、新区が「90/80」グリーン走行目標の実現を加速させるよう助力する。

お客さまの電気サービスでは、「一度も走らない」「インターネットで走る」「データで走る」という「3つのアクティブ」を実現することで、お客さまの節電感や満足度を確実に高めています。

「私たちは自発的に訪問して、新区の重大建設プロジェクトの初期から積極的に介入して、全プロジェクトの推進過程で、解決企業、重大建設プロジェクトの顧客に一度も走らせないように努力します。」国家電網雄安新区電力会社市場開拓センターの馬涛主任は次のように述べた。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。