2021年12月2日

第10回北京国際印刷技術展国際メディアウィークが北京で開幕

2021年度の世界で最も影響力の区域の上と業種世界印刷印刷技術業種の祭典である第10回北京国際展示会(china print 2021)(以下「第10回北京大印展」)が6月23 ~ 27日、中国の国際コンベンションセンター新館で、今回の展示会には、「革新を率いる未来」をテーマに、展示面積16まん平方メートルが予想される。

国内外の業界関係者に展示会の革新的な取り組みと現場で展示された技術のハイライトをいち早く理解させるため、第10回北京大印展国際メディアウィークのイベントが4月8日、北京で開幕した。今回のイベントは中国印刷及び設備器材工業協会、中国国際展覧中心集団公司が主催し、全国46省区市の新聞出版局、印刷包装、出版協会の指導者と国内専門メディア、マスメディアの代表、出展企業の代表など200人余りが出席した。イベントは世界同時生中継され、海外および香港・マカオ・台湾地域の専門メディア、印刷業界協会の代表など海外からのゲストがリアルタイムで参加した。

今回の行事では特に、展示会主催の早期に発表した世界の新技術や新製品のオフライン向けプラットフォームを発表し、「インターネット+印刷」、「知能ロボット」、「緑の印刷材料」などの特色の展示や観覧案内、展示活動指針、防疫と生活サービスマニュアルアプリなどの情報は、世界の有名な印刷から設備の製造企業は、hp、ハイデルベルク、长荣、コ、小森、美嘉と頂新ウィレム・デ・クーニング、富士フィルム、换算など中外主要记念の九社代表も初めて発表した最新の出展案とそれぞれの分野の技術製品。

中国は印刷術の発明国である。彫版印刷術、活版印刷術、漢字情報処理技術の3つの里程標は、中国の印刷術の千年にわたる燦爛たる文明の発展の過程を目撃しており、中華民族が人類社会と文明の発展に果たした歴史的貢献である。新世纪に入ると、特に「十三五」の時代に、わが国の印刷、新たな発展の理念を率い、坚持「にグリーンブーム、デジタル化、知能、融合化」の発展方向、低炭素グリーンの新技術工芸新素材は広く、印刷の電子商取引の市場規模は数百億ウォン、1冊印刷知能テスト運行線は実際の生産で安定を作って印刷出版、インターネットプラットフォーム、产业チェーンの上下、文化と創意などの融合まだ。

「十」の時代に、わが国の新発展段階に入り、韓国の印刷して印刷強国に向けた歴史の节目で、今回の展示は集中印刷の全产业チェーンの最新技術や製品の包装を応用し、印刷と产业チェーンの上下を推進し、次世代情報技術や関連業界発展分野などの融合、後の疫学時代に印刷包装活力回復発展の加速化、呼び水業界発展自信力を提供している。

中国印刷及び杨民强設備機器工業協会の副理事長は演説では、「『十三五』以来、中国印刷界戮力同心、苦闘の革新を続け、調和、開放、共有の発展、理念にグリーンブームを続け、デジタル化、知能、融合化の方向に、規模速度型の質に貢献型が変形して、努力と印刷から大国が印刷強国に向かっている、古い産業の正を放つように活力を持っている。2019年、中国の印刷総生産額は1.3兆元を突破し、企業数は10万社近くに達し、規模以上の重点企業(年間売上高5000万元以上)の総生産額は8047億元で、前年同期比5.04%増となり、文化産業の成長力と国民経済の重要産業となった。2020年はきわめて平凡な一年、一試合の突然の疫学は世界を席巻して世界経済と社会の发展带に深刻な影響を及ぼしているとの厳しい挑戦し、中国人民党と国家の正しい指导の下で、疫学cdcの重大な戦略の成果があったため、今年第10回北京大印展の顺调でしっかり保障を提供した。これは世界に中国の能力と力を見せ、業界に中国市場の強靱性と潜在力を見せた。」

中国国際展覧中心集団公司の丁世均(チョン・セギュン)副会長は演説で、「現代サービス業の重要な柱の一つである展示会産業のグローバル市場規模が拡大している。ufiの統計レポートやtechnavioの業界レポートによると、アジア太平洋、中東アフリカ、中南米など新興市場国の経済成長が加速するなか、mice産業の重心が先進国から途上国に移っているという。「新常態」に入った中国は、より多くの、より大きなプラットフォームでの自己展示を渇望しており、一連の国際展示会の成功は、展示業界に貴重なチャンスをもたらしている。中国経済の発展に従って、わが国のコンベンションの質的向上し、中国全体の展示会は、大型化や専門化、国際化に発展し、既に一次专业展徐々に成熟して成長し、世界有数のショーを形成し、北京大印展は四十年近くの発展を経て、すでに国際同行展圏内の上位には、珠海国際エアショーにアジアの2大エアショーは、これらの展覧会は、展示の規模、サービスの水準を超えるなどに近い国際水準で、すでにグローバル業種に含まれる展示する計画だ」と語った。

中国印刷及び設備器材工業協会理事長顧問の陸長安氏は総括発言で次のように述べた。「2021年は『…』のスタートの年だけでなく、も二つの目標と転換の接点でひゃく年、展示会主催の一つの中国の印刷及び設備機器工業協会の上級省庁の依頼を受け、中国組織を印刷している装備関連企画、質の高い発展国家新聞出版広電総局が提起した通りにグリーンブーム、デジタル化、知能、融合化の四化戦略、及び工信部に提出した中国製2025が言及した戦略目標と核心の要求を受け入れて韓国の印機業は製造業の質の高い発展を推進。これがきっかけで、6月に開かれた第10回北京大印展はグローバルバリューチェーンが集まるハイエンド製品は、内容は一段階高い、品质の优、精讃えて、指导的強、広く注目の展示プラットフォームは、展示の知能に集中する製造の新しい成就、融合の革新の新しい進展、サービスの変形の新モデルを同時にグリーン印刷技術がいまさらの成果を披露。」

主催者によると、第10回北京大印刷展には中国および世界各地からのプロの来場者が20万人を超え、オンラインでの来場者は35万人を超える見込みだ。世界の印刷装置メーカーが一堂に会し、最新の印刷装置、印刷技術、革新的なソリューションを展示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です