2021年12月2日

「制造強省」山西省にスマート石炭機械装備産技連盟を設立

山西省は10日、同省のスマート石炭機械装備製造産業技術の研究開発と普及使用を推進するため、スマート石炭機械装備産業技術連盟を設立した。

近年、石炭省山西省はモデル転換の発展に焦点を当て、スマート石炭機械産業を戦略的新興産業に分類し、「強い製造省」を作った。豊富な石炭資源と「石炭—機械」との連携の優位性を頼りに、同省の石炭機械装備製造産業は急速に発展した。

この背景の下、山西省はsmart石炭機装備産業技術連盟を設立し、晋能控股装備製造集団、太原理工大学、山西天地石炭機装備公司、重重石炭機有限公司など業界で有名な52の企業、大学、研究機関で構成された。山西省最大の石炭装備制造企業である晋能控股装備制造集団が連盟の第1期理事長単位に選出された。

山西省工信庁张占祥副委員長は、「知能煤机建設装備は石炭工業知能のもとに、長期発展のプロセスにおいて、山西省煤机装備製造業を形成した「三机」1機、向上設備、洗选設備、補助運送装備、鉱山の安全施設を主体の開発と製造のみの産業システム。

張占祥氏は、連盟の設立は2025年末に同省が「スマート石炭機械装備千億ウォン産業基地」を形成するために「早送りボタン」を押していると述べた。

5 g時代の到来とともに、石炭製品のローエンド化、同質化、キーテクノロジーの不足などの問題が顕在化しています。同時に、炭鉱の采掘が難しくなり、国家安全と環境保護の要求がますます厳しくなっているため、炭鉱のスマート化建設は必要不可欠だ。2021年に中国で71基のスマート化モデル炭鉱が建設され、山西省で1000基のスマート化採掘作業面が建設される。

山西省智能煤机装備産業技術連盟発足後、オーディションを統廃合するテクノロジー資源智能煤机装備産業の発展を支持し、構築バートナーシップウィンウィンの共有サービスプラットフォーム、プラットフォームを開発、技術移転プラットフォームと産業化のプラットフォームを牽引煤机製造産業ハイエンド化、知能、にグリーンブーム、クラスター、融合化、ほど発展している。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です