2022年1月28日

尚徳機関は村の教育公益を深く展開して村の労働力の就業能力の向上を後押しする

4月12日4月9日、「教育の明日のために」をテーマにした「情系遠山第一回教育公益分享薈会」が北京で開催され、尚徳機構党委書記、公益中心主任の袁涛氏が会議に招かれ、上記の観点を発表した。会議では、政府、企業、メディア、慈善団体、研究機関などの分野からのゲストが、わが国の村教育の未来の発展と振興の道について語った。

尚徳机関は山に入って、「尚進生計画」は教育公益に助力する

成人オンライン教育18年の国内有数の教育机関として、尚徳机関は一貫して教育公益を展開することを非常に重視して、教育の公平を促進して、村の労働力の職業技能と就業能力を高めて、最終的に村の振興を後押しします。長年の教育公益実践があるため、尚徳机構はたくさんのかわいい村の生徒さんと縁を結んで、忘れられた村の勉強ストーリーを残しました。

会で、袁涛さんは村の教育公益の実践の中で最も印象的な物語を共有した。それは、大きな山から出てきて、また山に戻った村の教師、翁姑則勒さんの物語だ。

教師の資格もなく、生計のために数年間、外を転々とした。故郷がよくなってきたので、二人の子供の母親として、留守児童にしたくなかった。そこで、2015年に「一村一幼」の指導員募集のニュースを知り、彼女は喜んで故郷に応募した。指導員になってからは、正式な幼稚園教諭の資格を取ろうと考えていたが、それが邪魔だった。

「それが原因で、保育士を続ける自信が揺らいだ。私は、あなたが教師の資格を取得できるように無料で教育プログラムを提供し、『編成された』教師になって、子どもたちを上手に教えることができるようにしてあげた。この話を聞いたとき、彼女の目には、勉強を通じて運命を変えたいという思いや、地元に根を下ろして教師という仕事を長く続けたいという思い、地元の次の世代の人たちを育てたいという思いがあったことを今でも覚えています」その話をすると、袁涛の目も光った。

尚徳機関教育公益に益するのは翁姑則勒一人だけではない。尚徳機関と四川省にわたって涼山イ族自治州喜徳県、昭覚県口裏を必要合意の締結を通じ「インターネット教育」+公益事業の「生に尚計画」を喜徳県と昭覚県」「一村一幼教諭200まん元の価値の教師資格を無料で提供する事前教育課程は、計259人に覆われた二つの県、翁姑はレもその一つだ。「彼女は現在、私たちの教育プログラムに合格して教員資格を取得しており、来年の公立学校の教員募集試験の準備をしている」と袁涛さんは話した。

データによると、尚徳機構の「尚進生計画」はこれまでに全国のチベット自治区、台湾省、香港特別行政区、マカオ特別行政区を除く30の省級行政区に累計で設置された。村の教師、支援教師、村の末端幹部、婦人連合幹部、貧困からの解放と富のリーダー、建設貧困世帯、農村に余裕のある労働力など3311人を含む合計5131人に、多様なカテゴリーの学習機会を無料で提供した。

ネットが知恵を育成、尚徳機関が「インターネット+教育」モデルを構築

中国は国土が広大で、資源、経済、人口の分布が不均一で、都市と農村の教育水準の差が大きく、教育をうまくやるのは容易ではない。現段階で、村の教育における最大の矛盾は、構造的な供給不足と供給ミスマッチである。イベントの主催者である情系遠山公益基金会は、教育需要の変動が最も大きい場所である中国の田舎で、教育の柔軟な供給の道を探索できることを期待していると指摘した。

この問題に対して、尚徳機構は長年の公益教育プロジェクトの成果を生かし、「ネットワークで知恵を育て、知恵を先に強い師を育てる」を中核とし、僻地地域の各人材の就業能力の向上を基盤とする「インターネット+教育」公益モデルを形成した。このモデルも村の振興、教育公益を推進する重要な力になりつつある。

尚徳機関の「尚進生プログラム」は教師資格証の無償教育に加えて、村の関係者に標準語の無償教育を提供しており、これは政府当局の認可を得ている。2020年10月、尚徳機構は青海省同仁市教育局、情系遠山基金会と共同で「西北地区少数民族共通語能力向上計画」戦略協力協定を同仁市で締結し、オンライン教育方式を通じて同仁市に共通語を広め、正確な貧困扶助を実現することを目指している。

これまで、尚徳机関は積極的に遠山と手を取り合って村の公益プロジェクトを展開してきました。2019年9月、尚徳机関と情系遠山公益基金会は500万円の寄付協定を締結し、公益プロジェクトの展開を支援している。2020年7月、双方が再び手を、合同稼動共益活動の「情系远山」シリーズ。行事期間中、尚徳機関を受講報課程の収益の一部を読んで情系远山財団に寄付し、、、田舎の教育分野の公益事業に使われる教育補助プラット・アンド・公正発展。

袁涛氏によると、今後10年間、尚徳機構は「尚進生計画」に1億元の資金を投入し、カスタマイズされたサービスを提供する「尚進生」クラス100クラスを立ち上げ、1000人のボランティアからなる「尚心」ボランティアチームを募集して立ち上げ、全国1万人の「尚進生」生徒に無料学習の機会を提供する計画だ。より多くの人が自分の運命を変え、運命の決定者になるように学ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。