2021年12月2日

世界読書デー:深圳dyg小義、「国民公益読書大使」に招待

4月13日「世界読書デー」を迎えて、あなたは本を読んでいませんか?第26回世界読書デーを迎え、深圳市南山区ではこのほど「携帯電話を置いて、一緒に読書する」という公益活動を開始した。深セン市の「全国民公益読書大使」である闘魚所属の深圳dyg戦隊の主力メンバーである小義は、全市民に携帯電話を捨て、深圳dygと共に知的な読書を楽しみ、読書の力を感じてほしいと呼びかけた。

深圳dygの隊員が「全国民公益読書大使」に選ばれたのは、同戦隊が深圳市南山区に正式に定着し、深圳本土で唯一王者栄光プロリーグの席を持つ戦隊だからだという。eスポーツは、今の若い人たちが大好きな新しい娯楽、社交の方法として、多くのゲーマーに愛されていることはよく知られています。一方、深圳dygは王者栄光kpl、王者栄光冬季優勝杯などの人気電レースイベントの中で、小義などの優秀なプロ電レース選手はファンが追い求める新しいアイドルとなった。「若者に若者に影響を与え、若者に若者を導いてもらう」というのが、小義さんを「全民公益読書大使」に選んだ趣旨だ。

今回のイベントで、深圳dyg戦隊はeスポーツのプレイヤーとファン層における影響力、訴える力を十分に活用し、屋外広告、微博、生中継などのオンライン・オフラインメディアを通じて、幅広い若者の読書意欲を喚起し、深圳の文化ソフトパワーの向上に助力する。同日から、同イベントの公益宣伝ポスターが深圳市内の主要エリアの地下鉄、バス、屋外スクリーンなどに全面的に登場する。

「読書の楽しさ」とは、読書は個人の修養だけでなく、社会全体の道徳性や国の文化的な自信にも影響を与える。深圳は自信と希望を持って社会主義近代強国都市のパラダイムを創造する新しい道を歩み、都市文化ソフトパワーの建設を絶えず強化し、全国民の文化的自信を高めている。そこから「南山書房」が生まれた。「南山書斎」は深圳市南山区の全自己啓発型公益書斎を重点的に作り上げたもので、その特徴は無人、知恵管理、公益無料で、都会の若者のために忙しく仕事をしている間、浄土を読み、都会の読書の「最後の1キロ」を通じている。

今回斗鱼および深センdyg戦隊にプロモーションの国民読書公益活動を広報し、全体せる深セン市民だけでなく、読書の重要性を再認識も、深圳の未来を引き入れるより人文気配が、補助深センフォーカス「都市文明モデル」が、先を作り社会主義文化文明繁栄兴隆の現代都市、社会主義先行モデル地区の質の高い発展の向上を加速させる。

これまで深圳は「若さ」「活力」の代名詞だった。あるデータによると、深圳の常住人口の平均年齢は32.5歳。現在、eスポーツは若者の主要な娯楽や社交方式の一つとなっており、都市文化に新しい要素と生命力を吹き込む重要な源泉となっている。そして輝かしい戦績と積極的な向上、たゆまぬ奮闘の精神によって、深圳dygはeスポーツ文化のパイオニアパワーであるだけでなく、無数の若いeスポーツ愛好家に影響を与えているポジティブなパワーのリーダーです。

深圳dygは4月16日、南山文化館で「dyg入城式及びホーム開場発表会」を開催する。深圳dygの深圳ホームスタジアムで初披露され、4月17日に開催国として初めてグループリーグに参加し、鵬城の栄誉を代表して出場する。「立深揚名、王座を守る栄耀」。今后の深圳dygはさらに多くの輝かしい戦績をもたらすと信じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です