2022年1月28日

政商が協力協定を締結して地域の良い品物を全国に売る

4月8日、ド音電子商取引は広東省商務庁と枠組み協力協定を締結した。今後2年間、双方は広東省の特色ある制品の販売、産業ベルトの集積アップグレード、本土ブランドのデジタルマーケティング、電子商取引業者の育成、郷村文旅の新しい名刺などの分野を構筑し、多方面で協力して広東省の電子商取引の発展を推進する。

調印式で、ドイン電子商取引は「富域計画」の始動を宣言し、地域の優良物件を全国の大市場に販売する。全国の特産物を発掘し、趣味のeコマースを通じて全国の消費者に共有し、地域経済の発展や町おこしに役だそうという計画だ。

douyin電子商取引の王月偉副総裁によると、広東省は「富域計画」の最初の重点着地地の一つだ。広東省は、強力な伝統的な商業、良好な産業立地と良好なビジネス環境を有し、政策の恩恵、物流の便利さ、金融革新などの面から、比較的良好な電子商取引の生態系を構築している。2020年から現在まで、ド音電子商取引は広州、深圳、肇慶などに中継基地を設置し、オンライン取引規模は全国上位に位置し、数万人の就業を導いている。

ド音電子商取引は品質のあるgmv(商品取引総額)を追求し、プラットフォームの興味電子商取引の特性を発揮し、社会的価値の向上を創造することを重視している。douyin電子商取引副総裁の王月偉氏は、「富域計画」がスタートした後、同プラットフォームはコンテンツ、レコメンドテクノロジー、トラフィックの優位性を借りて、各地の良質で良い物を継続的に発掘し、全国の大市場との効果的なリンクを助力すると述べた。(翻訳/新華網日本語)douyin eコマースはまた、農家や農村の起業家に短いビデオやライブのスキルを身につけるための専門トレーニングを提供する。この計画は、農村の風景を全面的に展示し、農産物の販売を促進し、農村文化観光産業を発展させ、農村の振興に助力することを望んでいる。(王磊)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。