2022年1月28日

北京市西城区の合同法執行による「学区房」の押収捜索

西城区の合同法執行が「学区房」を押収捜索

西城区の不動産市場の平穏で健全な発展を守るために、「家に住んでいても困らない」原則を徹底して実行し、住宅価格の上昇、市場の混乱、学区住宅の操作などの行為を厳しく取り締まり、市と区の指導者が指示した精神に基づき、4月16日午前、西城区房管局連合区市場監督局、区税務署、西城区公安支局西城区の不働産市場は比較的活発で、住宅価格が高い徳勝街、金融街街の一部の不働産仲介机関は共同法執行検査を展開しています。

各部門は職責と機能を結合して、重点的に徳勝街道我愛家五路通北街店、鎖家黄寺街店、金融街街京城洪天不働産仲介有限公司のワクチン接種状況、店舗公示状況、住宅源発表状況、不働産取引及び賃貸借契約書類状況を検査した。一つは、不動産仲介機関の規制経営、虚偽の不動産情報の配布、学区の不動産情報の操作行為があったかどうかについて法執行検査を行い、無断で外部に不動産情報を配布し、虚偽の不動産情報を配布した疑いに対して立件調査を行うこと。第二に、売買契約が規範に合っているかどうか、陰陽契約行為があるかどうかを検査した。そして、一部の成約契約を回収してさらに認定した。第三に、虚偽の宣伝があったかどうか、料金標准が公示されていないかどうかなどの状況について検査を行い、問題のある机関に対してはその場で是正を命じ、現場では是正が完了した。

これまでに、西城住宅管理局は実地検査、通知などの方式を通じ、全地区の範囲で不動産仲介机関の規範経営自関自関行働を展開してきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。