2021年12月2日

3060シリーズ洋上風力発電設置プラットフォームプロジェクトが烟台で中国洋上風力発電の発展を助力する契約を結んだ

煙台4月17日報道:「3060シリーズ洋上風力発電設置プラットフォーム」プロジェクトは17日、山東省煙台で契約を結び、世界の様々な複雑な海況に適用できるハイエンド洋上風力発電設置船を複数隻発売し、中国洋上風力発電の発展を推進し、3060双炭素目標の達成に助力する。

このプロジェクトは華電重工股份有限公司、上海博強重工集団有限公司、中集来福士海洋工程有限公司の3者が建設を主導し、1+ n隻のハイエンド洋上風力発電設置船を含む。今回の契約で、同プロジェクト初の深水洋上風力発電設置プラットフォームの発効が確認された。正式な設計及び建設段階に入り、2023年第1四半期に引き渡される。また、国内洋上風力発電の施工及び設置作業に優先的に投入される。

最初のプラットフォームは中集来福士が自主的に設計して建造したもので、2200 tの回杭式海工吊机と歯条式昇降システムを配置している。杭脚の長さ120メートル(136メートルまで延長することができます)、65メートルの作業水深、dp2動力の位置などの需要を満たす;設計基準は中国海域、欧州北海、東南アジア海域での作業需要を満たす。

当日、プロジェクトの主導者はまた正式に「緑の実践者」の提案を開始し、洋上風力発電産業チェーンの上流と下流のパートナーが参加して、「洋上風力発電の電力コスト」を主導する連合組織を共同で構筑することを提案して、洋上風力発電の多様な価格安定化の一体化解決案を共同で打ち出します。技術革新によって開発コストや運転保守コストを削減する。洋上風力発電と水素、魚、海水淡水化、太陽光発電の総合開発を通じて収益を増やす。洋上風力発電のハイエンド装備の共同研究開発と建設を通じ、産業の効率化などを図る。

「2030年に炭素ピークピーク、2060年にカーボンニュートラル」という目標のもと、洋上風力発電は中国の重要なクリーンエネルギーの一つであり、その規模化の発展はこの目標の実現に重要な影響を及ぼしているという。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です