2021年12月2日

「品質ip」の独自ラベルを構筑して海信の品質の家小売サービスの新モデルを開きます

4月19日4月18日、「臻享品質之約・探秘赘沢」という品質主義イベントが海信品質之家(青島)の会員店で行われた。ハイエンド品質のユーザーにフォーカスして、ブランド時計、ブランドバッグの試飲、選択、介護コースを展開して、ハイエンドセットの家電の輝きを体験して、北欧の百若いラグジュアリーブランドasko、ドイツのカラー家電第一ブランドgorenje。

この囲層のハイエンド商品化は、海信品質之家の2021年の「品質ip」の初イベントで、従来の家電シーンの体験を破り、青島地域の主流メディアの自発的な関心を引き起こした。多くの現場ユーザーとメディアは「品質主義の新しい風潮が青島を巻き込むだろう」と述べた。

海信品質之家は、海信が2020年11月にオープンした新小売ハイエンドの場所で、海信の唯一の全品ライン、全ブランドの直営店で、海信傘下の海信、東芝、日立、容声、科竜、古洛尼、askoなどの主要ブランドを集中的に展示し、海信のユーザーにリンクする場所を提供している。店長の金は202021年、海信品質之家はハイエンド品質層のユーザーのニーズを把握し、ユーザーの付加価値サービスの提供に注目し、海信の「品質ip」を作る。このipには、品質の家が提供する衣食住の品質教室、親子建設の開拓計画、青少年の知的能力の専属カスタマイズ授業、ユーロカップ会員のファンが楽しむバーの夜などの独占サービスが含まれる。また青島の「品質」業界の境界を越えた協力を形成し、青島品質連盟を構成する。

「購入を一度に終身张り」は品質の家」の会員の価値を主張し、運営のハイセンスの関係者によると、品質の家の拡大計画が全国に広がり、4月末、長沙の同じ規模の2社にハイセンス品質の家も、オープンを控え、またはこの網は長沙赤都市のハイセンスの品質のキーワードを更新し続ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です