2021年12月2日

サイバーセキュリティ教育で人心を暖める:平安グループは「キツツキ行動サイバーセキュリティコミュニティ行」活動を展開している

4月15日の国民投票は6カ国、安全教育日「キツツキ」誌の合同北京市公安局ネットワーク安全保衛総隊、平安グループ、サイバー安保専門家と金融安全志願者を持って入って东高地2小学校と関連したチンドンリコミュニティ、「キツツキ行動ネットワーク安全コミュニティ行」活動をし、キャンパスの教師と学生とコミュニティの住民のために生き生きとしたサイバーセキュリティと金融安全教育授業をもたらします。

東高地二小では、「首都網警」のアカウント「網警説」欄の出鏡警視の花王爽警が先生と生徒たちにいきいきとしたインターネット安全授業を送った。

王爽警のサイバーセキュリティ課、乾物がいっぱい。先生や生徒たちはじっと聞いていた。東高地二小の陳校長は、このようなサイバーセキュリティ講座がキャンパスに入るのは非常に意義があり、講座を通じて、子供はサイバーセキュリティ知識を家に持ち帰り、小さな手で手を広げ、文明を共有してインターネットを利用し、社会の調和を共に促進することができると述べた。

万源東里住民サービスセンターでは、平安グループ金融安全ボランティアとコミュニティ警察官の羅建さんが、コミュニティ住民のために一風変わった金融安全授業を行いました。

平安(ピョンアン)グループの金融安全ボランティアのマチョさんは、実技でおばさんたちに「お金の袋」を守るよう教えている。

コミュニティの住民は、この講義は、これらのネットワークと金融の安全知識を得て、ロケットのようなセキュリティ制御システムをアップグレードすると、不正な”銀の収穫機”を防ぐことができます。

インターネットの安全は人民のため,インターネットの安全は人民に依存する。仕事を定着の中央に、サイバー安全の配置は、初め「キツツキ」誌連合共同稼動平安グループ「キツツキ行動ネットワーク安全コミュニティ行」、をつないで政府や企業、コミュニティを通じて、住民などの主体として、ネットワークを筑消費者の财布を守る一線の防火壁、共同の安全、法治文化を通じて、この物忧(ものうの力で、インターネット空間での広範な人民大衆の獲得感、幸福感、安全感を高める。

平安を堅持してグループ活動发起方の一つとして、国家実体経済と民生の保障を胸にサービス提供めい、企業の社会的責任担当の愛、良質の金融商品の安心や創造简単便利なサービスを顾客の済まないと金融加医療健康の暖かい心を、「五心」の平安を作るが温度の金融、フィンテックとヘルスケアエコの力を活用して、人々がより良い生活を追求できるよう支援します。2019年、平安グループは「平安守護者行動」というコミュニティ向けのボランティア活動を開始しました。中国平安の教育、健康、安全、金融、公益などの分野における資源の優位性を十分に利用し、ボランティアサービスでコミュニティの発展を助力することを目的としています。

今年、平安グループは平安金融包摂消費者リスケア向上計画「維c行動」と「啄木鳥行動」を効果的に結合し、「平安守護者行動」のベンチマーク行動として、消費者の権益を守り、金融リスクに対する消費者の抵抗力を高める。「新学期」「コミュニティに入る」「身近な金融教室」などのサブプロジェクトを通じて、オンラインで生中継、音声授業、マイクロビデオ教育を行い、オフラインで現地公安、金融監督管理部門と連携して現地での広報活動を行う。幅広い金融消費者のネットワークセキュリティ意識と金融リテラシーを多次元で向上させる。

この動きは現在も続いている。今年3月以来、ビンアングループ傘下のビンアンフットでは1500人を超える従業員ボランティアが123回のオフライン活動を通じて、全国100以上の都市で様々な形で金融知識を普及させており、そのうち97回は地元公安、コミュニティ、農協などの部門と連携し、効果的な啓蒙教育を行っている人は20万人を超えている。

「『啄木鳥行動ネットワーク安全コミュニティ行』は北京、上海、深圳などで継続的に展開され、一般人が仮想空間や現実世界で自分を守るために多くの手段を使うことができるようになる。」イベント主催者による紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です