2021年12月2日

デジタル中国企業の数智化のモデル転換を加速させるには「的確な施策」が必要

第4次産業革命が本格化し、ビッグデータ、人工知能、ブロックチェーンなどの新世代情報技術が盛んに発展し、応用が進んでいることから、世界経済のデジタル移行が大勢となり、企業の「数知化」も加算点から必須項目へと変化している。4月18日、「戦略コンサルティングの中国蝶変化」をテーマにした記者会見が北京で行われ、君智戦略コンサルティングが飛算科技と提携して企業数知化プロジェクトを率先してスタートさせ、より多くの中国企業を質の高い発展段階に導くことができる。

中国企業連合会、朱宏任家協会常勤副会長兼理事長は、「君の智戦略コンサルティングを積極的に開拓イノベーションをめぐる戦略コンサルティングの特色の優れた君を形成した智モデル、助力の中国ブランド台頭とともに、知恵も推进のため中国と相談に向かって世界に努力した。」

近年、わが国のデジタル経済は飛躍的な発展を遂げている。工業・情報化部のデータによると、中国のデジタル経済規模は「第13次五カ年」当初の11兆元から2019年には35兆8000億元に増加し、gdpに占める割合は36.2%に達した。2020年04月10日、『より完備された要素の市場化配置体制の構築に関する意見』が正式に発表され、5大生産要素の一つになることが初めて明らかになった。

デジタル時代には、デジタル技術がビジネス環境を再構成しており、企業は業界の主要組織として、デジタルトランスフォーメーションの効率と効果をよりよく向上させてこそ、変化の中でチャンスをつかむことができます。「ここ数年、ビッグデータ、デジタル経済、デジタル化時代、数智化技術がトレンドとなっており、数智化は現代科学技術の最も突出したタグとなり、国家戦略レベルにまで上昇している。」飛算科技董事長兼ceoの唐侠氏は次のように述べた。市場の需要に基づいて、飞算技術業務のシーンに即し、インターネット技術、ビッグデータ、人工知能などの技術を基盤にする技術と応用の深さが融合し、一連の技術をリードし、成熟した製品を応用レベルの安定の助力企業国、デジタル化、知能の変形を実現し、市場を幅広く認める。今回の君智戦略コンサルティングが飛算科学技術と提携して数智化プロジェクトを率先してスタートさせたのは、とても良い証拠だ。

中国の戦略コンサルティング業界のリーダーとして、君智戦略コンサルティングは5年間で5社の企業に百億の売上を達成させることができる。飛算科技は「数智化」というテクノロジー手段で、君智戦略コンサルティングがよりタイムリーで、より正確で、より効率的な戦略を提供することを助力し、君智戦略コンサルティングの科学技術変化を実現する。これは中国戦略コンサルティング業界が急速にデジタル化、スマート化時代に突入することを意味し、同時に中国企業の「数智化」モデル転換の重要な推進力となる。

新発展構図の下で、デジタル中国の建設は加速し、インターネット、電子商取引などのデジタル経済時代の新産業は伝統産業への浸透を加速させている。伝統的な企業のデジタルは探索をアップグレードし、段階的に深水に入ります。「数智化」モデル転換の全面的な大試験を前に、中国企業は早急に「正確な施策」による科学技術化、デジタル化、スマート化モデル転換のアップグレードの道を模索しなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です