2021年12月3日

宅配業者が値段で誰を傷つけたのか

先日、宅配業界で話題になったことが二つあります。第一の事は順豊が初めて赤字を出したことで、第一四半期の予想赤字は9億元から11億元に達し、株価は一時下落した。二番目は義烏郵政管理局が百世速達、極兎速達に送った警告状で、コスト価格をはるかに下回るやり方でダンピングをしてはならないと要求したことから始まった。「低価格ダンピング」のため、しかも改善が要求に達していないため、百世速達、極兎速達の一部の分配センターはすでに廃業し整備している。

多くのネットユーザーはこの二つの出来事を結びつけ、極兎などの宅配業者の「安売り」行為が順豊を傷つけ、赤字に追い込んだと考えている。実際、同社の発表で明らかになっているように、赤字の原因は多岐にわたっています。宅配業者同士の価格競争が誰を傷つけたのか。

順豊が発表した赤字の原因の中には、今年に入って、企業の経済型事業の成長が比較的早く、電子商取引の宅配便の粗利が負担になったことが挙げられている。つまり、電子商取引の顧客単価が下がっていることが、利益の足を引っ張っているのです。

eコマースは宅配業者の目玉だった。あるデータによると、宅配業者の業務量の80%以上が、大手電子商取引業者によるものです。近年、中国の電子商取引市場の急速な発展のおかげで、中国の宅配便の年間業務量は毎年100億個ずつ増加するスピードで急速な成長を続けている。国家郵便局は、2021年に中国の宅配業務量が950億件を超えると予想している。いかにシェアを獲得し、顧客単価を下げるかが、新規顧客の開拓や既存顧客の安定化の重要な手段となります。

「価格戦争」は当然コストを上げ、利益を下げることになりますが、シェアのプレッシャーにさらされると、「戦争」に参加せざるを得なくなります。宅配業者の中には、最初は低価格競争で同業他社を絞り、シェアが上がってから値上げするところもあります。安易な価格競争がもたらす悪影響は侮れない。

シェア争いのために価格を譲歩して価格競争をするのは短期的には可能かもしれませんが、「お金を焼く」ことで低価格競争を続けることは、宅急便市場を混乱させるだけでなく、業界全体を悪循環に陥れます。一見すると、電子商取引業者が既得権者になり、宅配料金が安くなるとまた安くなる。しかし、「価格で量を交換する」というビジネスモデルでは、末端の配達量が飛躍的に増える一方で、配達料が圧縮され、「拠点に配達するのが遅れている」「宅配ボックスに入れてもらえない」といったクレームが発生しています。

また、一般消費者の宅急便運賃は値下げされず、時効や末端配達などのサービス体験は大きく低下している。全国の宅配業者の風向表となっている義烏は今回、価格整備に乗り出し、宅配業者の「ダンピング」現象に拍車をかけただけでなく、他の宅配業者にも警鐘を鳴らした。これまでの価格競争で多くの宅配業者が脱落しており、低価格競争の結果、宅配業者の低利益モデルは発展の限界に近づいています。

顧客単価の下落圧力にさらされている宅配業者は、自社や業界の長期的な成長を図り、eコマース市場を守り、価格競争で同質化競争を続けていくのではなく、自ら手を出して工夫しなければならない。一方で、安くなる宅配料金と良質なサービスの質との間でバランスを取り、価格競争から細分化管理に転換し、自己コスト管理を絶えず強化し、価格を理性に回帰させる。一方、宅配企業はデジタル化、スマート化に転換し、末端の店舗配置を加速し、億万の人々にさらに恩恵を与える必要がある。また、宅配業者は宅配員へのインセンティブを強化しなければならない。宅配業者にとって五つ星の宅配員が増えることは、より多くの消費者の承認を意味し、より多くの注文をもたらすことになる。(本文源源:経済日報著者:吉蕾蕾)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です